ファクタリングとは

ファクタリングは、

企業が保有する売掛金を早期資金化することで可能となる資金調達方法です。

 

数週間~数カ月先に入金予定の、

すでに取引先への商品の納品、サービスの提供が完了し、取引先への請求済みの未払いのキャッシュをファクタリング会社が最短即日で資金化します。

 

これは、売掛金つまり売掛債権をファクタリング会社が買取る形で成立する取引となり、融資には該当しません。

売掛金を対象とした融資は確かにあります。売掛債権担保融資という売掛債権を担保に融資を受ける方法です。融資なので取引先が不渡りを起こしたり倒産などした場合には、融資を受けた企業は償還請求されることになります。

しかし、ファクタリングは融資ではなくあくまで売買契約に基づく取引です。買取る=リスクもファクタリング会社に移転しることになります。

取引先が不渡りを起こしたり、倒産して売掛金を支払うことができなかった場合の損失はファクタリング会社が負担することになるのです。償還請求権なしということですね。

 

 

この償還請求権ありかなしかというところは、融資とファクタリングの違いとして挙げられる点の1つです。

他にも融資とファクタリングの違い、そして注目すべきファクタリングのメリットやデメリットがあります。

 

さらに詳しくファクタリングについて解説します。

 ファクタリングとは 

 

 

 

 

 

 

 

悪徳ファクタリング会社とは・・・?

ファクタリングは、

銀行融資以外の資金調達方法として中小企業を中心に利用しようとする会社さまが増えています。

 

ファクタリングを利用する会社さま同様に、ファクタリング会社もどんどん増えていっているようです。

ファクタリング会社が増えていく中で少なからず、悪徳業者と呼ばれてしまうファクタリング会社も存在します。

 

今日はその悪徳ファクタリング会社についてご紹介します。

 

 

今年に入って、ファクタリングを装った闇金業者だと初めてファクタリング会社の元代表者など数名が逮捕されました。

 

「ファクタリングを装った」とは、

本来、ファクタリングは売掛債権の売買になるがそのような形跡はなく、実際には売掛債権を担保にして融資を行ったっというものでした。

闇金業者」とは、融資を行う際の法定金利を大幅に上回る利子をとり、利用者企業が返済に行き詰まると利息分だけを支払わせ元金の返済を先延ばしにしていたというものです。

 

 

つまり売掛債権を担保にして融資を行い、ファクタリング手数料同等の利息をとっていたということです。

 

まず融資を実行するためには、貸金業の登録が必要になります。摘発されたファクタリング会社は貸金業の登録はしていませんでしたので、貸金業違反の疑いがあります。

そして、法定外の利息で融資したということで、出資法違反の疑いでもあります。

 

ファクタリングと融資の違いがよく分からずに利用してしまった会社さまが陥った巧妙な手口だったようです。

 

 

このような悪徳ファクタリング会社にひっかからないためには、ファクタリングについての知識を増やしましょう!

こちらの記事についてもっと詳しく紹介していますので、こちらをご覧ください↓↓

 

speed-factoring.info

 

 

 

 

ファクタリングのメリット・デメリット

ファクタリングとは、

ファクタリング会社が売掛債権を買い取ることにより、売掛金を早期資金化して資金調達ができる金融サービスです。

 

すでにサービスの提供や商品の納品が完了していても、取引先からの入金は30~90日間の支払いサイトがあるものです。

近年は国の働きかけにより、中小企業への支払いは手形から現金へ、支払いサイトは60日以内になるようにと、改善されてきてはいるようです。

 

 

しかし、銀行融資が受けられない状況下の中小企業にとっては30~60日の支払いサイトであっても、

「仕事は完了しているのだから、今すぐそれが資金になったら…」と思ってしまうのも致し方ありませんよね。

 

税金を滞納していたり、すでにリスケ中であるなどの場合は、銀行融資を受けることは難しくなってきます。

こんな状況では大きな仕事が入ってきても受けられないし、取引先1社の支払いが遅れただけで大きく影響を受けてしまうという現状が多くの中小企業の悩みの種だたとぁけです。

 

 

「銀行融資以外の資金調達方法があったなら・・・・」

という期待に応えられるかもしれないのが、ファクタリングです。

 

ファクタリングでは融資ではなく売掛債権の買取になるため、担保や保証は必要ありません。

また審査の対象としてファクタリングを利用する中小企業もですが売掛金の支払いをする取引先企業の信用力が大きな範囲を占めます。(審査内容、審査基準はファクタリング会社によって異なりますが)

 

 

税金滞納や、リスケ中であっても、ファクタリングでの資金調達は可能になります。

 

 

融資ではなく、買取という契約内容になることで大きなメリットとなるのが、

売掛先の不渡りや倒産リスクもファクタリング会社に移転するという点です。

 

売掛債権担保融資になれば売掛先が期日に売掛金の支払いができなかった場合、利用者企業に返還義務が発生しますが、ファクタリングでは返還義務などは発生しません。

 

これは大きなメリットではありますが、それに比例するようにデメリットとなるのが手数料の高さに反映されているという点です。

ファクタリング会社は売掛先の不渡りリスクなども請け負うため、融資の金利と比較しても高いファクタリング手数料をとることになります。

 

 

 

他にもファクタリングにはメリット、デメリットになるポイントがいくつもあります。

 

こちらで紹介しきれなかったポイントはこちらのサイトからチェックして下さい。

ファクタリング会社の比較も紹介しています。

 

【 ファクタリングのメリット・デメリット | ファクタリング情報サイト 】

 

f:id:fukumochifuku:20170417110917j:plain

 

 

 

おすすめファクタリング会社

ファクタリングは、

企業が保有する売掛金を期日よりも早く資金化するという仕組みの資金調達方法です。

 

 

ファクタリング会社が前払いするような形で利用者企業に調達金額の入金をしてくれます。そして、取引先から売掛金の支払いがあったら、利用者企業が買取金額をファクタリング会社に支払うという流れになります。(2社間ファクタリングの場合)

 

売掛金の回収をファクタリング利用者企業が行うことにより、
取引先に売掛金の譲渡(ファクタリング)を知られたくない企業などは取引先に知られずに売掛金の早期資金化を可能とすることもできます。

 

ファクタリング会社によって、ファクタリングの契約内容やスキームは異なるので、

ファクタリング会社の公式サイトで確認したり、電話で不明な点はしっかり確認して下さい。

一時ニュースで取り上げられたようにファクタリングを装って高金利の貸付を行う悪徳ファクタリング業者も存在しますので、

よくご自身で情報を集めてファクタリングでの資金調達を検討して下さい。

 

 

おすすめファクタリング会社もいくつかご紹介していますので

こちらもぜひチェックしてみて下さい!

 

【 ファクタリング情報サイト 】

 

speed-factoring.info

 

 

 

 

 

銀行融資以外の資金調達方法

ファクタリングとは、売掛金を活用した銀行融資以外の資金調達方法の1つです。

 

日本の多くの中小企業が銀行融資に依存した経営をしているという結果もあるように、銀行融資を受けられなかったために、

売上はあるのに黒字倒産してしまうという会社も少なくありません。

 

そこで活用できるのが企業が保有する売掛金です。

すでに商品の納品、サービスの提供などが完了し、取引先に請求済みである未払いのキャッシュである売掛金を、

取引先からの入金期日よりも早く、ファクタリング会社が資金化します。

 

売掛金の支払いサイトは業種や取引先によっても様々でしょう。

 

30日から長いところでは今でも90日ほど待たなければならないところもあるようです。

取引先が大きな会社ほど支払いサイトも長かったりします。せっかく大きな仕事ができるにも関わらず、入金が3カ月も先となると中小企業の資金繰りが詰まってしまうのも当然と言えるかもしれませんね。

 

ここで銀行融資が受けられる状況下の企業であれば問題は少ないのでしょうが、

そうではない中小企業も多いです。

 

税金を滞納している、赤字決算を出している、リスケ中であるなど…。

受けられる予定だった銀行融資が1か月、さらにもう1か月と延ばされてしまい、資金繰りがおかしくなったという企業の話もよく耳にします。

 

そのような場面で有効的かもしれないのが、ファクタリングという資金調達方法です。

 

ファクタリングについてもっと知りたい方はこちらをチェック!

【 ファクタリング情報サイト|ファクタリングとは 】

 

 

 

 

 

 

ファクタリングとは

ファクタリングは、企業が保有する売掛金を活用して資金繰りができる中小企業向けの資金調達術です。

 

ファクタリング情報サイトではファクタリングに関する記事を随時UPしていますが、1番読まれているのは【 ファクタリングとは 】です。

 

まだファクタリングという資金調達方法は世間一般的に知られているわけではないため、多くの方がファクタリングととはどういったスキームで、どういう仕組みになっているのかご覧になるようです。

 

ファクタリングのスキームは、契約するファクタリングの種類によってやファクタリング会社によっても異なるということを踏まえた上で参考にしてみて下さい。

 

 

紹介しているファクタリング会社は福岡に本社をおくファクタリング会社なので福岡をはじめ九州・山口の企業の利用が多いようです。

【 福岡 ファクタリング 会社 】

 

とはいえ、全国対応・出張対応・郵送対応可なので、日本全国の企業が利用することができます。

広告を非表示にする

ファクタリングを分かりやすく!

ファクタリングは、企業さまが保有する売掛金を活用して資金調達ができる方法の一つです。

 

売掛金を活用して資金調達する方法には

 

・売掛債権証券化

・売掛債権担保融資

・ファクタリング

 

が挙げられます。

 

ファクタリングは売掛債権の売買契約に基づく、売掛金の早期資金化という資金調達方法になります。

 

利用者企業とファクタリング会社で契約を結び、取引先からの入金期日よりも早くファクタリング会社が前払いするような形で入金し、本来の入金期日に取引先より入金後ファクタリング会社に買取日金額の支払いをするという流れになるのが2社間ファクタリングです。

 

利用者企業とファクタリング会社と取引先企業で契約を結び、取引先からの入金日よりも早くファクタリング会社が前払いし、本来の入金期日には取引先企業がファクタリング会社に買取金額の入金をするという流れになるのが3社間ファクタリングです。

 

 

上のように一言で説明しようとすると分かりにくいので

こちらの【 ファクタリングとは 】【 3社間ファクタリングとは 】とはをご覧ください。