ファクタリングはスピード重視の資金調達方法でもある

ファクタリングは、銀行融資を受けられない状況下の企業であっても、質の良い売掛債権を利用して資金調達が可能になるスピード重視の資金調達方法です。

 

中小企業が資金調達をしたいとき、まず思い浮かぶのは銀行融資でしょう。

銀行融資を希望する場合、その審査を受けるためにも十分な準備と時間が必要になります。資金調達をしたい企業の信用力をたくさんの書類の中の数字でしっかりと判断するには時間がかかることも頷けます。

しかし経営する方からしてみると、結果がいつでるのか、融資は受けられるのか、いくらの融資が通るのか・・・、はっきりとしない状況で時間だけが過ぎて行ってしまうのはつらいものでしょう。資金が必要な日まで時間がない場合はなおさらです。

 

f:id:fukumochifuku:20171229145933j:plain

 

資金が必要な日まで時間がない、「明日までに〇〇万が必要だ」というような状況であっても資金調達が可能になるのがファクタリングです。

給与支払いや先出しの資材のための支払いなど、業種によっても異なる急な支出というものがあるでしょう。中には銀行融資を受けるために税金の未払いを解決したい、という企業もいるはずです。

 

 ファクタリングには銀行融資のような審査は必要ありません。

ファクタリングは企業が保有する売掛金の早期資金化サービスです。そのため着目されるのは、【売掛金の質】になります。

売掛金の質=売掛金を支払う取引先企業の信用力です。

中小企業が銀行融資を受けられない状況下であっても、優良な取引先企業の売掛金保有していればファクタリング取引は可能になります。銀行融資に頼らない資金調達ができるのです。

もっと言えば、ファクタリングは売掛債権の買取であり、融資ではないため、中小企業にとって負債とはなりません。バランスシートのスリム化を図ることもでき、そういった意味でも銀行融資を受けるためのつなぎとしてファクタリングは有効的な方法でもあります。

 

 

しかし、ファクタリングでの資金調達において注意が必要なのは、中小企業が保有する売掛金以上の資金調達はできないということです。

f:id:fukumochifuku:20171229150024j:plain

企業が事業資金や設備投資などで多額の資金が必要な場合など、金額にもよりますがファクタリングは向いていないと言えます。大口の資金が必要な場合には銀行融資に頼らざるを得ないでしょう。

その銀行融資を受けるためのつなぎ資金調達としての方がファクタリングの利用は適していると言われています。 

 

 

 資金調達方法の選択は、企業の状況に応じたものになります。

ここでは触れていませんが融資の金利とファクタリングの手数料を比較しても、銀行融資の方が中小企業にとってはるかに負担が少なくて済みます。 

しかし中小企業が抱える、売掛金の支払いサイトによる資金繰りの悪化黒字なのに支払いに使える資金がない取引先企業との共倒れのリスクなどをフォローできる資金調達方法の1つとして、ファクタリングも検討する価値は十分にあります。

 

本サイトでは、さらに詳しくファクタリングについて解説しています。 

【 ファクタリング情報サイト -ファクタリングとは- 】

f:id:fukumochifuku:20171205101933p:plain

 

ファクタリングはスピードを求める中小企業さまの資金繰りにもぴったりの資金調達方法です。

 

 

 

 

ファクタリングは銀行融資に代わる中小企業・零細企業向けの資金調達方法である

ファクタリングとは

 

ファクタリングという資金調達方法

ファクタリングは、中小・零細企業向けの資金調達方法の1つです。

売掛金保有している企業が活用でき、銀行融資以外の資金調達方法としても有効的です。

ファクタリングには、売掛金保有する企業・売掛金の支払いをする取引先企業・売掛金の買取(前払い)をするファクタリング会社の3社が登場します。

ここでの売掛金とは、中小・零細企業が取引先企業に対して、すでにサービスの提供・商品の納品などが完了し、すでに請求済みである未払いのキャッシュのことです。

 

 

ファクタリングの特徴 

ファクタリングを利用することで、取引先からの支払い期日よりも早く売掛金を資金化することが可能になります。ファクタリング会社は本来の入金期日に売掛金を回収します。

その場合、3社間ファクタリングでは取引先企業からファクタリング会社へ、2社間ファクタリングでは取引先企業からファクタリング利用企業に一旦入金され、それをファクタリング会社に支払うという流れになるのが一般的です。

 

 3社間ファクタリングか2社間ファクタリングは利用企業の状況によって選択できますが、ファクタリング会社によっては取り扱いしていない場合もあるため、確認が必要になります。

 

 

3社間ファクタリングと2社間ファクタリング

3社間ファクタリングの場合、取引先企業への通知や承諾が必要となり、取引先企業からファクタリング会社に売掛金の支払い先が変更となるため、資金化までに時間がかかることがあります。

しかし、取引先から直接ファクタリング会社に入金があるためファクタリング手数料は低く設定されます。

また中小・零細企業の多くは、取引先企業に資金繰りの悪化を知られたくないということで2社間ファクタリングを選択することが多いようです。

 

2社間ファクタリングの場合、

契約をするのはファクタリング利用企業とファクタリング会社の2社のみです。ファクタリング会社から取引先企業へ通知したり、勝手に連絡をするようなことはありません。また、入金の流れも一旦は通常通りにファクタリング利用企業に入金され、それをファクタリング企業からファクタリング会社に支払うようになります。
つまり、取引先企業にファクタリングを知られることはありません。


取引先企業に資金繰り悪化を知られたくない場合や、資金調達を即日~3日以内でしたい場合などは2社間ファクタリングを選択した方が良いということになります。

 

 デメリットを挙げるならば、一旦ファクタリング利用企業に売掛金の入金があることで、使い込みなどのリスクが発生するためファクタリング手数料は高く設定されてしまう傾向にあります。

 

 

ファクタリングを利用するための審査

3社間ファクタリングでも2社間ファクタリングであっても、銀行融資を受けられない企業にとっては有効的な資金調達方法になります。

ファクタリング会社は銀行や大手企業が展開しているところと、民間が展開しているところと、近年ではファクタリング会社は増加傾向にあり、利用企業もより多くのファクタリング会社から選択できるようになっています。

 

ファクタリングを利用する際には、審査を通らなければなりません。

ファクタリングにおける審査はファクタリング会社独自のものであることが大半です。銀行や大手企業が展開しているファクタリング事業であれば、民間のファクタリング会社の審査よりは厳しいものかもしれません。

 

銀行融資の審査では返済していく企業の信用力、経営状況が大きく影響しますが、ファクタリングにとって重要視されるのは売掛金の質になります。売掛金を支払うのはファクタリング利用企業ではなく、その取引先企業です。

そのため、ファクタリング利用企業が銀行融資を受けられないような経済状況などであったとしても、取引先企業の信用力があればファクタリングは利用できる可能性が高い、ということになります。

赤字決算や税金の滞納、リスケ中である場合などは銀行融資を受けることは厳しいかとおもいます。しかし、ファクタリングではその状況が不利になるとは限りません。

ファクタリング利用企業の信用力が全く必要ない、というわけでは決してありませんが、「銀行融資に頼れない」ということで資金繰りに行き詰まっている中小・零細企業にはファクタリングという資金調達方法も1つの選択肢としておすすめしたいと思います。

 

 

 

専門性のあるファクタリング - 診療報酬債権ファクタリングについて

ファクタリングは、ファクタリング会社が中小企業が保有する売掛債権を買い取ることで、売掛金の早期資金化ができる金融サービスです。

 

ファクタリングは、銀行融資のように中小企業の信用力を重視するよりも、売掛金を支払う取引先企業の信用力によって判断されます。

つまり銀行融資を受けられない状況下の中小企業にとって有効的な資金調達方法なのです。

 

そのファクタリングができる売掛債権の種類の中に、病院・クリニック・介護・障がい者施設などで発生する診療報酬債権があります。

病院などで診察を受けた時、私たちは医療負担3割の費用を支払います。残りの7割は国保や社保を通して国によって支払われます。この費用を病院や介護・障がい者施設などは国保や社保に請求するわけです。それは診療報酬、介護給付費など請求対象によって異なります。ここではまとめて診療報酬債権と表現していきます。

 

病院や歯科医院、介護・障がい者施設、整骨院などでも診療報酬債権が発生します。その債権でもファクタリングは可能になるのです。

売掛先は国保や社保、つまり国ということになります。売掛先の信用力としては審査の必要がないほどでしょう。ファクタリングができる売掛債権の種類のうち、診療報酬債権はとても信用度の高い債権であり、ファクタリング手数料も他の債権ファクタリングよりも低く設定される傾向にあります。

 

歯科医院や車椅子などを扱う会社など、診療報酬・介護給付費などの債権を保有している会社であれば、銀行融資以外の資金調達方法としてファクタリングという選択肢を取ることが可能になります。

 

 

診療報酬債権ファクタリングについてさらに詳しく紹介しています。

【 専門性のあるファクタリング-診療報酬債権ファクタリング- 】

 

 

銀行融資と比較して見るファクタリング

銀行融資と比較して見るファクタリング

 

◆ファクタリングという資金調達方法

ファクタリングは、最短で即日の資金繰りが可能となる資金調達方法の1つです。

銀行融資の場合は審査を通過するための必要書類の準備、そして銀行から受ける審査に時間を要します。そして大前提として、融資受けられるような財務状況でなければなりません。

赤字決算や税金の未納、リスケ中などである場合は銀行融資は難しいでしょう。

 

そこで、提案したい資金調達方法がファクタリングです。

ファクタリングは、企業が保有する売掛金の早期資金化による資金調達方法です。取引先企業に商品の納品・サービスの提供などが完了し、すでに請求済みである未払いのキャッシュをファクタリング会社が期日より早く入金します。いわば売掛金の前払いです。

 

◆ファクタリングの種類

ファクタリングにもいくつかの種類があります。

ここでは、3社間ファクタリングと2社間ファクタリングについて説明します。

 

【3社間ファクタリングとは】

3社間ファクタリングは、ファクタリング利用企業(債権者)・取引先企業(債務者)・ファクタリング会社の3社で契約してファクタリングを実行するものです。

 

f:id:fukumochifuku:20171205092212p:plain

 

ファクタリング利用企業(債権者)がファクタリング会社にファクタリング手数料を支払い、売掛金を早期資金化します。

そして本来の入金期日に取引先企業(債務者)からファクタリング会社に売掛金が支払われるという流れになります。

 

ファクタリング利用企業(債権者)は、取引先企業(債務者)にファクタリングするということを通知または承諾を得ることが必要になります。このときファクタリングに関する説明に同行するなど、ファクタリング会社によってはフォローしてくれるところもあります。

ファクタリングは即日資金調達が可能、と言いましたが、この3社間ファクタリングの場合、取引先企業(債務者)への通知または承諾を得る工程が必要なため、初回即日の実行は難しいと考えておいた方が良いでしょう。

 

次に説明する2社間ファクタリングとの大きな違いとしては、取引先企業(債務者)とファクタリング会社のやり取りが発生するという点です。

 

 

【2社間ファクタリングとは】

2社間ファクタリングは、ファクタリング利用企業(債権者)とファクタリング会社の2社で契約してファクタリングを実行するものです。取引先企業債務者)とファクタリング会社が直接やり取りをしたり、連絡をしたりするようなことはありません。

 

f:id:fukumochifuku:20171205093205p:plain

 

言い方を変えれば、取引先企業(債務者)に知られずにファクタリングが利用できるということになります。

 

ファクタリング利用企業(債権者)はファクタリング会社にファクタリング手数料を支払い、売掛金を早期資金化します。

そして本来の入金期日に取引先企業(債務者)からファクタリング利用企業(債権者)に売掛金が支払われます。そのあとファクタリング利用企業からファクタリング会社に売掛金の買取金額を支払うという流れになります。

 

この2社間ファクタリングの場合は、契約に同意が必要なのはファクタリング利用企業(債権者)とファクタリング会社のみであるため、契約に必要な書類の準備に要する時間などは必要になりますが、即日でのファクタリングも可能になります。

ファクタリングにも銀行融資同様、審査がありますが、銀行のそれとは異なります。

 

ファクタリングの最大のメリットは、銀行融資よりも早く資金調達が可能となる点とも言えますから、審査もより早くできるように独自に設定しているファクタリング会社が大半です。

デメリットを挙げるならば、銀行融資の金利と比較するとファクタリング手数料は割高になってしまうことや、企業が保有する売掛金以上の資金調達はできないといったことになります。

 

ファクタリング手数料が割高になってしまう理由なども含め、銀行融資との違いをさらに詳しく説明します。

▼▼▼

 ファクタリング情報サイト - ファクタリングとは 

f:id:fukumochifuku:20171205101933p:plain

 

 

 

 

ファクタリングと手形割引での資金調達

ファクタリングと手形割引での資金調達

 

ファクタリングとは、企業が保有する売掛金を早期資金化することによって資金繰りが可能となる金融サービスの1つです。

いま日本の企業間取引では下請法の強化に伴い、「可能な限り支払いは現金で」と親事業者に働きかけています。

主流だった手形取引から現金支払いに変化してきています。すなわち下請事業者の資金調達方法も手形割引からファクタリングへと変化していくことになります。

 

手形割引を利用する際には、銀行などの金融機関もしくは手形割引専門業者に依頼することになります。取引先企業から支払いとして振り出された手形を、支払い期日より前に満期日までの利息に該当する割引料を差し引かれた金額で換金、現金化することができます。

主に取引のある銀行を利用することになるでしょうが、手形を発行した手形振出企業の信用力も重要です。手形の支払いサイトが長すぎるという理由で手形割引を断られることはないようですが、期間が長ければそれだけ割引料として差し引かれます。

この点はファクタリングも同様です。

ファクタリングの場合でも支払いサイトの長さによってファクタリング手数料の料金が変わってきます。ファクタリングの場合は、ファクタリング会社によって異なるでしょうが支払いまで60日以上ある売掛金はあまり買取りしたがらない傾向にあります。

 

手形割引には不渡りリスクが付随します。

手形割引による資金調達は「手形を担保に現金を貸す」ようなものですから、手形を振出した取引先企業が不渡りを起こした場合、その手形は金融機関に買戻し請求されてしまいます。

一方ファクタリングでは・・・

【 続きを読む → 手形割引とファクタリングの違いとは 】

 

 

ファクタリングで即日資金調達が可能に

ファクタリングは、企業が保有する売掛金を活用して最短即日でも資金調達も可能となる金融サービスの1つです。

数週間、数カ月先に入金予定の売掛金をファクタリング会社が前払いするような形になります。

 

3社間ファクタリングの場合、本来の入金期日に売掛先である取引先企業からファクタリング会社に譲渡した売掛金の代金が支払われ、

2社間ファクタリングの場合、本来の入金期日に売掛先である取引先企業からファクタリング利用企業に売掛金が入金され次第、譲渡した売掛金をファクタリング会社に支払う

という流れになります。

 

ファクタリングを利用するためにはファクタリング手数料をファクタリング会社に支払います。

融資の金利と比較すると割高であることが多いですが、その理由は【償還請求権なし】の契約にあるリスクが原因です。償還請求権なしとは、簡潔に言うと売掛金を支払う取引先企業が倒産するなどしても、ファクタリング会社は前払いした売掛金をファクタリング利用企業に返金請求することはない、ということです。

つまりファクタリング会社は売掛金の譲渡契約により、売掛金の回収リスクも請負うのです。そのリスクの高さも含めて審査を行い、ファクタリング手数料を設定します。

もし売掛先企業の経営が危ない状況であれば、ファクタリングの実行は難しくなるでしょう。逆を言えば、取引先企業の信用力が高ければ、利用企業が銀行融資を受けられない状況だったとしてもファクタリングは実行できます。

 

これがファクタリングが銀行融資以外の資金調達方法として注目を集めている理由です。

至急の資金繰りが必要であれば、ぜひファクタリングをご検討下さい。

 

ファクタリングでの資金調達に向いているのはどんな企業なのか

ファクタリングとは、

銀行融資への依存率が高く、質が良いが少額の売掛金を多数保有していることが多い中小企業、下請企業、零細企業のための資金調達方法であると言えます。

 

1,000万という金額の融資を受けようとするときそれはとても時間がかかります。社会保険料や各税金の未納などがあればそれを解決しない限り、融資を受けることさえ難しくなってしまいます。

1,000万という売掛金という売掛金保有していなければたとえファクタリングであってもそれは難しい・・・

と思う方もいらっしゃるでしょう。

 

確かにファクタリングであっても同じようなことが言えますが、複数の売掛金を利用してのファクタリングで1,000万という資金を数日で調達することは可能になります。

1,000万以上の売掛金1つがなくとも、

複数の取引先があり200万ほどの売掛金が3つ、100万ほどの売掛金が3つ、50万ほどの売掛金が5つ、など総額1,000万以上の売掛金保有していることで、ファクタリングでの希望額である1,000万の資金調達は十分に可能です。

この中から、ファクタリング手数料が差し引かれることになるため1,000万よりも多くなければならないという問題はあります。またその売掛金全てがファクタリング会社の審査に通るとも限りません。売掛先の信用力も問われるため、その売掛先企業への評価によってはその企業への売掛金は対象外とされてしまう可能性もあります。

またファクタリング会社によっては掛目を設定しているところもありますので、ぎりぎりの金額での1,000万の売掛金の早期資金化は考えなおした方が良いとも言えます。

 

ただ取引先企業からの入金がばらばらであっても、売掛金の総額が希望調達額1,000万より余裕があるならば複数の売掛金を利用してのファクタリングは可能であり、検討する価値は十分にあります。