読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ファクタリングにも審査はあるが融資ではない

ファクタリングは、

 

数日~数カ月先に取引先から入金予定の請求済みである未払いのキャッシュつまり売掛金

 

ファクタリング会社に譲渡することで早期資金化できる金融サービスです。

 

 

 

融資ではないので、「借りる」という表現でなく、「買取」や「売買」という言葉を使います。

 

ファクタリング実行までの流れなどはファクタリング会社によっても様々であり、

ファクタリングの内容によっても変化します。

 

 

 

 

まず、

融資を受けるときと同様に【審査】と呼ばれるものをクリアしなければなりません。

 

その審査もファクタリング会社によって異なるため、

それに必要な準備書類も違えば、かかってくる時間にも差が出てきます。

 

 

審査基準がファクタリング会社によって異なるといことは、

1つのファクタリング会社に断られてしまっても別ファクタリング会社では契約できる可能性も十分にあるということにはなります。

 

しかし、1つのファクタリング会社では契約できないという評価を受ける何かしらの問題があるはずなので、他社で契約できたとしてもファクタリング手数料に反映してくるとは思います。

 

 

 

 

又、中には情報を抜き取るだけというような悪徳業者も存在するかもしれません。

 

むやみやたらに申し込みをするようなことはせず、

ある程度情報を収集してからのファクタリング会社の選択をおすすめします。

 

 

 

 

少し前には悪徳ファクタリング会社が初めて警察に摘発されてニュースになりました。

内容としては、ファクタリング会社を装い中小企業を相手に融資を行い、高金利で貸し付けたというものです。

 

本来融資をするためには貸金業登録が必要になりますが、

ファクタリング会社として運営していたため登録はされていませんでした。

つまり無登録営業を行ったとして貸金業違反の疑いがあります。

 

又、貸金を行うならば出資法で定められた内での金利である必要があります。

それを逸脱した高金利で貸し付けを行ったとして出資法違反の容疑も挙げられています。

 

 

売掛金の買取によるファクタリングと、売掛金を担保にして融資を受ける売掛金担保融資の違いについては利用者も理解しておいた方が、悪徳ファクタリング会社から身を守る方法の1つとなります。

 

 

 

ファクタリングや売掛金担保融資についてもっと知りたい>>

speed-factoring.info

 

 

 

 

 

 

 

 

2社間ファクタリングと3社間ファクタリング、どちらが良い?

ファクタリングは

中小・零細企業が保有する売掛金を早期資金化できる金融サービスです。

 

その売掛先が大手ゼネコンや上場企業であれば、

好条件でファクタリング契約が可能となります。

 

同様に、

2社間ファクタリングよりも3社間ファクタリングであるときも、

かかってくるファクタリング手数料に差が出てきます。

 

 

 

3社間ファクタリングの場合は、

取引先への通知また承認が必要となるためファクタリング実行までに時間がかかってしまいます。

 

もし2・3日で資金調達を希望しているならば、

初回は2社間ファクタリングを利用して次回以降3社間ファクタリング契約を結ぶということももちろん可能です。

 

ファクタリング会社にとっても、

2社間ファクタリングよりも3社間ファクタリングの方がリスクが減る為、成約率も上がってきます。ファクタリング利用者企業による使い込みや二重譲渡のリスクがないからです。

 

 

 

 

取引先の理解を得られるならば、

3社間ファクタリングの方がファクタリング取引成約率も上がり、手数料も抑えることが出来るのでそちらをおすすめします。

 

 

 

 

しかし、ファクタリング利用企業の多くが2社間ファクタリングを選択しています。

 

利用する企業の状況は様々でしょう。

その状況に合わせてファクタリング会社の選択、ファクタリング取引内容の選択をすることが大切です。

 

 

 

福岡で3社間ファクタリングするなら>>

 

f:id:fukumochifuku:20170417110917j:plain

 

 

ファクタリング手数料の注意点

ファクタリングは、

企業が保有する売掛金をファクタリング会社が前払いするような形で可能となる資金調達術です。

 

後日売掛先から入金があったら、買取金額+手数料などをファクタリング会社に支払います。(2社間ファクタリングの場合)

 

 

 

 

ファクタリング手数料には注意が必要です。

ファクタリングは融資ではなく、売掛債権の買取による資金調達になります。

 

そのため貸金法は適用されず、

利息制限のようにファクタリング手数料の上限が決められているわけでもありません。

(今現在)

 

つまりファクタリング会社によって決めることができるのです。

 

取引先に通知しない2社間ファクタリングの場合で、10~30%が一般的と言われています。
取引先や利用者企業の信用力、支払いサイトの長さによっても変動します。

 

 

そして最も注意すべき点が、ファクタリング手数料という名目の中にどのようなものが含まれているかです。

ファクタリングを契約する際には、契約書の作成などの事務費に加え印紙代、登記申請費、場合によっては出張費などがかかってきます。

 

このような契約に必要な費用を全て含めてファクタリング手数料と表現するファクタリング会社と、別途請求するように分けているファクタリング会社があります。

 

 

「ファクタリング手数料は5%」であっても別途請求があることで、

結局は1番安く済むと思っていたファクタリング会社で他社よりも高くかかってしまった…ということにもなりかねません。

 

契約する前にはしっかりファクタリング会社に尋ねておきましょう。

 

f:id:fukumochifuku:20170417110917j:plain

 

 

 

さらに詳しくファクタリングについて解説!

ファクタリング会社の比較もしています

 

 

 

必要書類を用意する時間、手間も削減

ファクタリングは、最短即日で資金調達も可能な金融サービスです。

 

 

銀行融資のように時間のかかる審査はなく、

ファクタリング会社による独自の審査項目によるものなので早いところで30分以内には契約内容の提案を受けることができます。

 

それゆえ、銀行融資では不可能な【最短即日】での資金調達が

ファクタリングでは可能となるのです。

 

 

注意が必要なのは、審査結果はすぐに出ますが正式に契約となれば別途ファクタリング会社に提出しなければならない書類が出てきます。

 

それを用意して、銀行営業時間内に契約が締結できなければ即日調達は難しいでしょう。

 

 

できれば必要期日の3日前には問いあわせをすることおすすめします。

 

 

 

 

契約時に必要な書類は、ファクタリング会社によって異なります。

確実なのは、印鑑証明や登記簿抄本、概要記録事項証明書は必要だと思われます。

 

ファクタリングでは担保も保証人も不要ですから、

必要書類は少なくて済みます。

 

必要書類を用意する時間、手間も削減することができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ファクタリングを利用するメリット・デメリット

ファクタリングは、

銀行融資を受けることができない法人企業さまにも資金調達が可能になる金融サービスです。

 

 

債務超過や赤字決算、リスケ中、税金滞納などの問題を抱えていると銀行融資は

受けにくくなります。

 

その他にも下請会社への支払いや資材費、従業員への給与支払いをしなければ、運営自体がストップし仕事が出来なくなってしまうでしょう。

 

 

資金繰りを達成しなければ倒産の危機…という最悪の事態も十分にありえる場面です。

 

 

 

 

ファクタリングはそのような状況下の企業さまでも利用できる仕組みになっています。

 

 

企業さまの状況下よりも取引先の信用力によって取引が可能になるからです。

(※企業さまの信用力が全く影響しないわけではありません)

 

良い取引先の売掛金保有していれば、

ファクタリング会社がその売掛金を買い取って最短即日で資金化することができます。

取引先からの支払いが30~60日先だったとしても、

ファクタリングを利用することによりキャッシュ化できるようになるのです。

 

 

これまで中小企業が抱えていた、

商品の納品やサービスの提供が完了しているのにも関わらず、取引先からの支払いサイトの長さにより黒字倒産してしまうというリスクをカバーできる仕組みになっているのです。

 

しかしファクタリングにもデメリットはありますのでよく理解して利用する必要があります。

 

 

 

ファクタリングを利用するメリット、デメリットも詳しく解説しています。

ファクタリングとは|ファクタリングを利用するメリット・デメリット

 

 

 

 

 

ファクタリングは決して万能な資金調達方法ではありません

ファクタリングは

 

企業が保有する売掛金を活用して資金繰りできる方法の1つで

 

負債を増やさずに資金調達できるというメリットがあります。

 

 

 

資金調達までのスピードも銀行融資と比較しても早く、

大変便利なスキームになっていますが万全な方法とは決して言えません。

 

 

無理して利用しようとせず、

他の資金調達方法と合わせて検討頂くことをおすすめします。

 

 

ファクタリングを分かりやすく解説

ファクタリングは取引先への請求が確定した売掛金を活用した

最短即日で500万以上の調達も可能な金融サービスです。

 

手形支払いが減少傾向にある現在、

中小企業の資金繰り方法の1つとしてシェアを拡大しています。

 

 

ファクタリングという資金調達方法について分かりやすく解説しています。

↓ ↓

 

ファクタリングで資金繰りをスピード解決!ファクタリング情報をお届けします