売掛金の質から見るファクタリング

ファクタリングとは、

簡潔に説明すると企業が保有する売掛金をファクタリング会社に手数料を支払って入金期日よりも早く資金化するという資金調達方法です。

このファクタリングには、「資金調達をしたい企業」とその企業が保有する売掛金の売掛先である「取引先企業」、「ファクタリング会社」の3つが関わりあって成立します。

 

ここでの売掛金とは「資金調達をしたい企業」が「取引先企業」に対して商品の納品やサービスの提供が完了し、すでに請求済みである未払いのキャッシュのことを指します。

この「取引先企業」は、「資金調達をしたい企業」の業種よって変動するでしょう。

 

例えば、

 

「資金調達をしたい企業」= 工事請負会社 の場合は、

「取引先企業」= 元請企業やゼネコンなど

 

であることが多いでしょうが、公共工事などを請け負う場合は、同じ

 

「資金調達をしたい企業」= 工事請負会社 であっても、

 

「取引先企業」= 市役所などの地方自治

 

ということもありえます。

 

ファクタリングにおけるポイントとしては、取引先企業の信用力が重要視される傾向にあることが挙げられます。これはファクタリング会社にとって売掛金の回収がきちんと期日通りにできるかどうかが重要であるからです。

ファクタリング会社は取引先企業の情報をも審査し、「この売掛金の質は良くなさそうだ」と思えば「回収リスクが高い売掛金である」と判断し、ファクタリングの実行は避けてきます。

 

上記の場合、売掛先が「元請企業」か「市役所」であるパターンを紹介しています。

「元請企業」の信用力が高ければファクタリングは十分可能ですが、信用力が低ければ必ずしもファクタリングができるとは限らない上に、できたとしてもそのリスクの高さに応じてファクタリング手数料も高くなってしまいます。

しかし相手が「地方自治体」などである場合は、売掛金の回収リスクは低いと判断され、ファクタリング実行率も高く、ファクタリング手数料も比較的安くなる傾向があります。

 

 

もちろん全てのファクタリング会社にこのような事例が該当するわけではありません。

ファクタリングにおける審査などはファクタリング会社独自のものになるため一概には言えないのです。

「この売掛金ではできないけれど、この取引先の売掛金であればファクタリングできる」となることもあるでしょう。

 

「資金調達をしたい企業」が銀行融資を受けられない財務状況であったとしても、優良な売掛金保有しているならばファクタリングでの資金調達ができる可能性は十分にあります。

ファクタリングを検討する際には、保有している売掛金の質についても重要なポイントなってきます。その取引先企業の売掛金でファクタリングを利用した方が良いのかも念頭におき、ファクタリングでの資金調達を検討してみて下さいね!

 

どこのファクタリング会社が良いのか迷ったら!】も参考にして下さい。

 

 

 

ファクタリングという中小・下請企業のための資金調達方法

ファクタリングという資金調達方法

 

ファクタリングとは、中小企業・下請企業が資金ショートを引き起こしそうになったときなど、至急の資金繰りが必要な場合に有効的な資金調達方法です。

 

なぜファクタリングでは至急の資金繰りが可能になるかというと、

ファクタリングを実行するために通過しなければならない審査が、ファクタリング会社独自のものであるからです。

融資を受ける際にも銀行による審査をクリアしなければなりませんが、必要書類も多く、それに伴い審査にかかる時間も余計に要します。

しかし、ファクタリングではそれと比較すると必要書類も少なくて済みます。ファクタリング会社によって審査内容は異なってくるため、審査に必要な書類も自ずと変化します。ファクタリングの最大のメリットはそのスピードですから、最短即日でも対応可能な審査内容、必要書類を設定しているファクタリング会社が多いのです。

 

ファクタリング会社独自の審査によるものであるため、即日対応も可能であり、且つ1つのファクタリング会社では契約できなくても、他のファクタリング会社では契約できる可能性もあるということになります。

ファクタリング会社によって異なる審査のうち、共通して言えることは、売掛先企業つまり売掛金を支払う取引先企業の信用力が重要である、ということです。

 

銀行融資を受けられるだけの条件が揃っていない中小企業・下請企業であっても、

質の良い売掛金保有していればファクタリングでの資金調達は可能となります。

ひとつデメリットを挙げるならば、保有する売掛金以上の資金繰りはできないということです。

ファクタリングはつなぎ資金としての運用に適しています。

 

もっとファクタリングについて解説していますので、こちらのページもぜひご覧下さい。

 ファクタリングとは 

speed-factoring.info

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ファクタリングに関する悪いニュースについて

ファクタリングは、資金調達したい企業さまが保有する売掛金をファクタリング会社が買取り、その代金を手にすることで最短即日での調達も可能となる金融サービスです。

 

 

そんなファクタリングが今年は悪い意味で注目を集めたのをご存知ですか??

今年の1月に初めて悪徳ファクタリング会社が摘発されたのです。

内容としては「ファクタリングを装って、高金利貸しを行った」といったものでした。被害は関西の中小企業が挙げられていましたが、ファクタリング会社は東京にある会社でした。

ファクタリング会社は全国対応しているところも多いので、全国の中小企業を対象にしていたファクタリング会社だったのでしょう。

もしかすると距離がある中小企業に狙いを定めて高利貸しを働いていた可能性もありますね。

 

 

ファクタリングでは売掛債権の譲渡契約となり、融資ではありません。

金利ではなく一般的にファクタリング手数料と呼ばれる費用がかかります。そして担保や保証は必要とせず、償還請求権もありません。

それが本来のファクタリングではありますが、まだファクタリングに関する法的規制ができておらずグレーの部分があったりと不鮮明なところがあるのも事実です。

 

ファクタリングは銀行融資以外の資金調達方法として大変有効的な資金調達手段の1つであることは間違いないですが、

このような詐欺に被害に遭わないよう、利用する企業さまもファクタリングについて理解しておくにこしたことはありません。

 

ファクタリングについて、またこのファクタリング装った悪徳ファクタリング会社についての記事についてもさらに詳しく解説しています。↓↓

 

speed-factoring.info

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ファクタリングをご検討いただく前に…

ファクタリングは

企業さまが保有する売掛金の一部をファクタリング会社に譲渡して、その代金をファクタリング会社が支払うことで資金調達が可能となる金融サービスです。

売掛金がなければファクタリングを利用できないのはもちろんのこと、
保有する売掛金以上の資金調達もできません。
複数の取引先の売掛金を譲渡することは可能なので、200万の売掛金×安定した取引のある売掛先5社があれば、1000万の売掛金のうちの一部をファクタリングすることできます。
一部というのは掛目のことで、ファクタリング会社によって様々ですが多くても8割くらいが掛目となることが多いようです。


また、ファクタリングには手形割引の割引料のようにファクタリング手数料がかかります。それは銀行融資の金利や割引料と比較しても決して安いとは言えません。

その代わりに最短即日、だいたいは2~3日もあれば資金調達が可能となる『早さ』があります。
また審査もファクタリング会社独自のものになるので、銀行融資を受けられなかった会社でも利用できる可能性は十分にあります。
そして手形の不渡り時などに発生する償還請求権も、ファクタリングにおいてはありません。(※ファクタリング会社、ファクタリングの契約内容によって異なることがありま
ので、契約前にご自身で必ず確認して下さい。)


ファクタリングにも、メリットも、もちろんデメリットもあります。
利用しようとしている企業さま、資金繰りをしたい企業さまの状況に合わせた選択をするのが第一でしょう。
銀行融資以外の資金調達方法の1つとしてファクタリングをご紹介しました。

 

 

ファクタリングでの資金調達について

ファクタリングは、下請企業さまが保有する売掛金の一部をファクタリング会社が買取り、その代金を支払うことで即日調達も可能となる資金調達方法です。

 

売掛金のほとんどをファクタリングで資金化してしまうと、キャッシュが手元にできてその場での資金シュートの恐れなどは回避できますが、

結局は「本来の入金期日のときに資金が全くない」ということになってしまいます。

 

このような場合には、また同じような金額のファクタリングを繰り返すことになるかもしれません。そうなれば、融資の金利と比較しても決して安いとは言えない手数料がかかりますから大変もったいないわけですよね。

 

理想的なファクタリングの導入方法としては、

売掛金の一部(5割以下)をファクタリングで資金化して急な支払いや銀行融資までのつなぎ資金として活用する、というものです。

売掛金での資金調達を、会社の運用資金の主軸として活用するにはリスクが大きいと思われます。そもそも売掛金以上の資金調達は不可能なので、その月の売掛金がなんらかの理由で普段より極端に少なくなってしまった場合などはいよいよ資金繰りに詰まってしまいます。

 

ファクタリング会社としても、売掛金を買い取ると同時に売掛先の不渡りリスクも請け負います。

そのため定期的に一定額の取引があり、且つきちんと売掛先から支払われている、と確認できる売掛金の方が取引しやすいのです。

 

ポイントとしては、複数の安定した取引先があるならば複数の売掛金をファクタリングすることは可能という点が挙げられます。

必要な資金が500万で、取引先1社からの売掛金が200万程度だとしても、同じような取引先が10社あれば保有する売掛金およそ2000万のうち500万をファクタリングで早期資金化することができるのです。

 

 

 

ファクタリングでの資金調達を検討するならば、

安定した売掛先の一定額の取引があり、且つ保有する売掛金総額の一部であった方が良いと思われます。

会社の状況によってはそうは言っていられないこともあるでしょう。

ファクタリングを利用する最大のメリットは「とにかく急いで資金繰りしたい!」という声に応えることができるところです。

 

至急の資金繰りが必要であれば、やはりファクタリングを検討してみるのも良いのではないでしょうか。

 

ファクタリングを検討される下請企業さまに分かりやすくファクタリングについてご紹介します。

ファクタリング会社も比較して一覧に!

ぜひチャックしてみて下さい。

 

 

ファクタリングとは |ファクタリングで即日資金調達 情報サイト

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

保有する売掛金の一部をファクタリングで資金化!

ファクタリングとは、端的に説明すると売掛金の早期資金化です。

ここでの売掛金とは、すでに商品の納品サービスの提供が完了して取引先企業へ請求済みである、未払いのキャッシュのことです。

「近い将来には売掛金の入金があるものの、今手元に使える資金が足りず支払いができない…」という状況が発生してしまった下請中小企業が有効的に活用できる資金調達方法になります。

このような状況になってしまったとき銀行融資に頼ることが出来れば良いのですが、
それは資金が必要となる日までの日数や企業状況によって異なってくるでしょう。

 

ファクタリングは銀行融資以外の資金調達方法の1つとして利用することができます。

 

 

しかし、注意が必要なのは銀行融資の代用としての資金繰りには向いているとは言えない、ということです。

ファクタリングには、ファクタリング手数料という費用がかかります。

契約に必要な費用や印紙代、取引内容に応じて発生するリスクに応じた費用、おそらくファクタリング会社の利益も含まれてくるでしょう。

銀行融資の金利よりはかなり割高にはなってきてしまいます。売掛金のほとんどを早期資金化することで、融資の代用として事業資金にまわすと損失も大きくなるのではないでしょうか。

 

月の売掛金の一部を利用するのが望ましいですが少なすぎても問題はあります。

上記でも述べたようにファクタリング手数料は一定額の固定費がかかってきますから、少額すぎるとファクタリングをしても資金として手元にくるのも当然少なくなってしまいます。

例えばファクタリングでは初回は固定費だけで10万はかかるとされています。

これが200万のファクタリングならば+手数料で計25万かかったとしても175万の資金ができます。少額の30万でファクタリングをした場合金額に関わらず固定費10万+手数料で計15万かかったとすると、手元には半分の15万にしかなりませんね。

 

保有する売掛金のうち、どのくらいをファクタリングで資金化するのかというのも大変重要になってきます。

そもそもこれに関連してくるファクタリング手数料はファクタリング会社によって大きく変動しますから、ファクタリング会社の選択も大事になってきます。

 

こちらでは、【 ファクタリングとは 】【 全国対応ファクタリング会社比較 】などもご紹介していますのでぜひチェックしてみましょう!

 

 

speed-factoring.info

 

 

 

 

 

 

 

ファクタリングを利用するそれぞれのメリットとは

ファクタリングは、銀行融資以外の資金調達方法の1つです。

簡単に説明すると、

取引先企業への商品の納品やサービスの提供が完了後、取引先への請求済みの未払いのキャッシュ=売掛金を早期資金化することにより資金繰りが可能になる方法です。

 

企業と取引先企業の間にファクタリング会社が入ることになります。

ファクタリング会社が企業の売掛金の一部を買い取ることにより企業に資金を提供します。手形割引にも似た、売掛金の前払い金融といったところでしょうか。

 

 

【ファクタリングを利用する企業にとってのメリット】

企業にとっては数カ月先にしか使える資金になりえなかった売掛金を、ファクタリングを利用することにより最短即日~3日ほどでキャッシュ化できるというメリットがあります。

 

【ファクタリング会社にとってのメリット】

企業が保有する売掛金を早期資金化する際には、ファクタリング手数料が費用としてかかります。事務手数料や登記費用や印紙代なども含まれていますが、その中にファクタリング会社の利益も含まれています。

 

【取引先企業にとってのメリット】

ファクタリング会社が企業の信用調査などを担うことでその手間や費用が削減できたりします。

 

 

企業、取引先企業、ファクタリング会社で取引するファクタリングは一般的に3社間ファクタリングと呼ばれます。

企業、ファクタリング会社のみで取引する2社間ファクタリングもあります。これは、下請企業が元請企業からの信用度への影響を懸念した場合などに選択されます。ファクタリングは売掛金の売買契約に基づくため、買い取った一部の売掛金は取引先企業からファクタリング会社へ入金されるべきものです。それを2社間ファクタリングを選択した企業が売掛金の回収を担い、取引先企業から売掛金入金後ファクタリング会社に買取金額の支払いをするという流れになります。

 

 

もっと分かりやすくファクタリングについて知りたいなら

 ファクタリングとは | ファクタリング情報サイト 】へ

f:id:fukumochifuku:20170417110917j:plain