つなぎ資金としての活用が最適

ファクタリングは企業が保有する売掛金をもとに

早期資金化することで資金繰りができる金融サービスになります。

 

売掛金もしくは売掛債権がないことには、ファクタリングは利用できません。

 

そして保有していたとしても、その売掛金以上の金額をファクタリングで資金化することはできません。

つまり1,000万必要であっても、

売掛金が900万しかなければ900万以下しか資金化はできないのです。

 

 

大型の資金はやはり銀行融資が最適です。

ファクタリングは手数料がかかり、融資の金利と比べてみてもその利便性からかなり高く設定されやすいです。

ファクタリングでは金額に比例して手数料もかかりますから、大きな金額での利用よりもできる限り少額であった方が良いと思います。

 

ファクタリングの利用理由としては、

銀行融資までの【つなぎ資金】としてというものが最も多いです。

「今後、取引銀行からの融資を控えているが事業資金が足りない。借入は増やせないので売掛金を早期資金化してなんとか融資がおりるまで繋いだ。」

という経営者を多く聞きます。

 

 

ファクタリングは銀行融資以外の資金繰り方法として注目されていますから、

税金や保険料の未納などの融資がおりない状況下の企業にはぜひ検討して頂きたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ファクタリングに向いている業種とは

銀行融資を受けられない状況のときに

資金調達の方法の1つとしてファクタリングをおすすめしていますが、

そんな業種の企業であっても利用できるのか…

 

ということが気になりますね。

 

 

 

まずはファクタリングの対象となる売掛金(売掛債権)がないことには利用できません。

建設・工事請負業や運送、製造、繊維業などの会社は売掛金が発生し、且つ取引先からの支払いサイトも30~90日と長く設定されていることが多いでしょう。

 

そのような業種には最短即日で資金化できるファクタリングは利便性が高いと言えます。

ただ支払い期日が先であればあるほど、ファクタリング手数料は上がることがほとんどですので注意が必要です。

 

 

一概に売掛金と呼ばれている債権以外にもファクタリングできます。

 

たとえば医院、整骨院などが診察、治療を行い、国保や社保にレセプト報酬を請求した際に発生する診療報酬債権を対象にファクタリングすることもできます。

同様に、介護給付費や訓練等給付費などの自立支援給付費を対象にファクタリングで資金調達することも可能になります。

 

 

また、現金商売である飲食事業であってもファクタリングでの資金調達は可能になります。

それはどのようなファクタリングの種類になるのか、

fukumochifuku.hatenablog.com

 こちらで紹介しているサイトにてチェックしてみて下さい。

 

 

 

 

 

ファクタリング実行前には審査もある

福岡でファクタリング会社をお探しなら

 

 

ファクタリングを利用しようとするときにも

融資を受ける際と同様に審査があり、それを通過しなければなりません。

 

しかし、融資の際の審査内容とは異なり、ファクタリング会社独自のものになります。

一般的にはファクタリング利用者企業よりも、

売掛金の支払いをする売掛先企業つまり取引先企業の信用情報が審査において重要視されると言われています。

 

ファクタリングは融資ではなく売掛債権の買取という点において、

売掛金の回収リスクもファクタリング会社に移転してきます。取引先企業が売掛金を支払わないことには、ファクタリング会社は利益を出すどころか負担にしかならないのです。

 

売掛金回収リスクの移転についてや審査についての詳細は

こちらのサイトでチェック!

 

 

 

speed-factoring.info

 

 

他にも全国・出張対応可や個人事業主対応可のファクタリング会社なども紹介されています。

 

 

 

 

 

ファクタリングは個人事業主でも利用できる

ファクタリングは

企業が保有する売掛金を早期資金化するシステムであると説明してきましたが、

利用できるのは企業だけではありません。

 

個人事業主であってもファクタリングを利用して資金繰りすることも可能です。

 

しかしそれはファクタリング会社によって異なります。

個人事業主とのファクタリング契約をしているファクタリング会社は大変少ないです。

 

企業がファクタリングを利用する前に、

数社に問い合わせて比較したりして、より良い条件のファクタリング会社を見つけようとしますよね。

ですが個人事業主対応しているファクタリング会社がそもそも少ないので、たくさんの選択肢はありません。

 

 

個人事業主対応のファクタリング会社はこちらの

【 ファクタリング情報サイト|ファクタリングとは 】で紹介しています。

 

 

個人事業主さまのファクタリングでは、同じような取引であっても手数料が高く設定されやすいです。

その理由や注意点なども紹介していますので、個人事業主でファクタリングでの資金調達を検討されている方はぜひチェックしてみて下さい。

 

 

speed-factoring.info

 

 

 

 

 

診療報酬・介護給付費ファクタリング

最近、「最高益更新企業が増えたのに賃金は上がらない」と言った記事を見かけました。

その最高益更新見込みの企業の中には『その他金融業』の会社が多数挙がっていたようです。その他金融業には地味でも独自の強みを持っていたりして最高益を更新する見込みの会社が多いのだとか…。

 

 

 

その中でも大手リース関連会社は小口リースが収益の柱だが、集金代行や介護ファクタリングなどの金融サービスでも収益を積み上げているようです。

集金代行やファクタリングの需要が高まっているともとることができますね。

 

介護ファクタリングとは

介護給付費などを債権として買取り、早期資金化できるサービスです。医院やクリニックが利用できる診療報酬債権ファクタリングと同じように紹介されていることが多いです。

 

介護給付費は被保険者(要介護者)に対する保険給付のことで、国保や社保から請求事業者へ入金があります。

ファクタリングを利用することで、介護施設障碍者施設などの事業者はおよそ2か月先に入金予定の給付費をすぐに資金化することができます。

 

この場合、売掛先が国保や社保となることから、

ファクタリング会社にとって回収リスクが低いので手数料を安く設定しやすいです。

介護関連業の会社だけを扱うファクタリング会社もあります。

 

 

 

 

こちらのサイトで紹介されているファクタリング会社は、

このような介護関連業はもちろんその他の業種でも利用できるファクタリング取引を扱っています。

 

 

気になる審査や、資金化までの流れの詳細は

speed-factoring.info

のページをご覧ください。

 

 

ファクタリングは融資ではないので、会社の負債を増やすことにはならず、

これから銀行融資を受けたいとお考えの会社にも利用しやすいサービスとなっています。

 

「銀行から融資を受けたいけれど、税金や社会保険料の滞納がネックになっている…」

という会社のお悩みにも、

ファクタリングは応えることができます。

 

 

ファクタリングを利用するにも審査がありますが、銀行の審査とは審査する項目も必要な書類も異なってきます。

ファクタリングの最大のメリットは融資にはないスピード感なので、

審査も圧倒的に早く10分で程度でファクタリング会社から返答があります。

 

 

 

 

銀行融資以外の資金繰り方法の1つとして、ファクタリングをご検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

下請への現金支払いを拡大|売掛金を早期資金化して事業資金に

近年は、できる限り現金で支払いをするように大企業に国が働きかけてくれているため、 手形での支払いは減少傾向にあるようです。

 

最近も大手自動車部品会社は下請会社に対して支払いを現金で統一するとニュースになっていました。

これまで手形割引で資金繰りをしなければならなかった下請会社にとっては喜ばしいことなのではないでしょうか。

またこちらの会社がどうかはわかりませんが、現金支払いも60日以内でと推進されているようですね。

 

 

 

それでももっと早く資金化する必要があるならばファクタリングという方法があります。

60日後に入金予定の現金支払いをファクタリング会社が前払いしてくれる方法です。 

 

 

融資ではないので、企業の負債を増やすことにはならず、

これから銀行融資を受けたいとお考えの企業にも利用しやすいサービスとなっています。

 

「銀行から融資を受けたいけれど、税金や社会保険料の滞納がネックになっている…」

という企業のお悩みにも、

ファクタリングは応えることができます。

 

 

ファクタリングを利用するにも審査がありますが、銀行の審査とは審査する項目も必要な書類も異なってきます。

ファクタリングの最大のメリットは融資にはないスピード感なので、

審査も圧倒的に早く10分で程度でファクタリング会社から返答があります。

 

 

気になる審査や、資金化までの流れの詳細は

speed-factoring.info

のページをご覧ください。

 

 

銀行融資以外の資金繰り方法の1つとして、ファクタリングをご検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

即日対応ファクタリング

決算を控える中小企業さま、

銀行融資を受けるまでの資金繰り方法をお探しの会社経営者さま、

 

ファクタリングという売掛金を活用した資金調達方法が

あるのをご存知ですか?

 

 

 

数週間、数カ月先に入金予定の売掛金

最短即日で資金化することで企業のキャッシュフローを改善します。

 

企業が保有する売掛金をファクタリング会社が買い取るので、

融資による資金化ではありません。

金利をつけて返済するというものではなく、ファクタリング手数料を支払います。

 

【 ファクタリング手数料に関して 】はこちらのページへ

 

 

 

融資ではないので、企業の負債を増やすことにはならず、

これから銀行融資を受けたいとお考えの企業にも利用しやすいサービスとなっています。

 

「銀行から融資を受けたいけれど、税金や社会保険料の滞納がネックになっている…」

という企業のお悩みにも、

ファクタリングは応えることができます。

 

 

ファクタリングを利用するにも審査がありますが、銀行の審査とは審査する項目も必要な書類も異なってきます。

ファクタリングの最大のメリットは融資にはないスピード感なので、

審査も圧倒的に早く10分で程度でファクタリング会社から返答があります。

 

 

気になる審査や、資金化までの流れの詳細は

speed-factoring.info

のページをご覧ください。

 

 

銀行融資以外の資金繰り方法の1つとして、ぜひファクタリングをご検討下さい。