読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ファクタリングの歴史と現在

ファクタリングは、企業が保有する売掛金をファクタリング会社が前払いすることにより即日調達も可能な資金繰り方法の一つです。

 

 

ファクタリングは最近になって注目を集めているように思いますが、

欧米では古くから利用されてきた資金調達方法です。

 

日本では長い間、手形取引が主流だったこともありファクタリングは聞き慣れない、取引方法でした。

しかし近年は下請法の見直しにより、手形支払いから現金支払いに移行していく動きが大きなってきました。

支払いサイトも60日以内で実行するように大企業やゼネコンに国が働きかけてくれています。

 

それでも90日後の支払いや、たとえ30日後の支払いであっても中小企業にとってはそのときの状況によって苦しい財務状況になりかねません。

手形が発行されているわけではないので、資金繰り方法としては融資に頼ることになってしまいます。

 

 

 

そんなときに利用できるのがファクタリングです。

ファクタリングは30日後、60日後に入金予定の売掛金をファクタリング会社が買取る形で早期資金化できます。

 

利用企業としては手数料を支払うことで利用可能です。手形割引と同じような感じですが、ファクタリングには償還請求権がありません。

 

手形割引では手形を発行した企業が支払いをしなければ、利用企業は銀行に返済しなければなりません。しかし、ファクタリングでは債権の買取となり、売掛先の不払いリスクもファクタリング会社に移転することになるのです。

 

そのリスクの違いなどから、割引料とファクタリング手数料では大きな差があります。

ファクタリングは、

銀行に頼れない企業にとっても大変有効的な資金調達手段ではありますが手数料は決して高くありませんので利用する際にはしっかりファクタリング会社の担当者にご相談下さい。

 

 

 

f:id:fukumochifuku:20170417110917j:plain

 

手形割引とファクタリングの違い|ファクタリング情報サイト】より

 

 

 

 

 

ファクタリングにおける審査

ファクタリングは企業が保有する売掛金を、

ファクタリング会社に手数料を支払って前払いしてもらうことで即日調達も可能な金融サービスです。

 

 

ファクタリングを利用するにはファクタリング会社に審査されます。

その審査内容はファクタリング会社独自のものになり、銀行融資のそれとは異なります。

 

大手ファクタリング会社では決算書3期分などしっかり審査するところもあるようですが、どのファクタリング会社でも必須となるのが取引先との契約書、注文書、請求書、入金の流れがわかる書類などです。

ファクタリング申込み企業の申告に嘘がないかチェックしたり、請求書通りに取引先が入金しているかの確認がファクタリング会社にとっては重要になるからです。

 

 

審査に必要な書類もですが、

いざ契約が決まれば契約に必要な書類の提出も求められますのでファクタリング会社に忘れずに問い合わせておきましょう。

 

 

ファクタリングに関するトラブル

ファクタリングは、

企業が保有する売掛金をファクタリング会社に手数料を支払って早期資金化するものです。

手形割引と近いかもしれません。

しかし、手数料の負担は結構大きな差となっています。

 

 

ファクタリングではファクタリング会社独自の審査によって実行が決められます。

利用者企業よりも、売掛金を期日通りに入金できるかという点で売掛先の信用力が重視されたりします。

2社間ファクタリングでは、このことがファクタリング会社にとって大きなリスクとなると考えられます。

 

取引先から売掛金の入金が利用者企業にあったにもかかわらず、ファクタリング会社に支払わずに別の支払いなどに使い込んでしまうなどの「使い込み」というリスクがあります。

もちろん利用者企業に関する審査がないとか、甘いとかいう話ではないですが、

このようなリスクも考えられるためファクタリング会社としては高めの手数料を設定することになるのだろうと考えられます。

 

ここでの利用者企業による「使い込み」は横領などの犯罪になりかねませんのでご注意下さい。

ファクタリングは融資ではなく、債権の売買によるものなので、「支払いを少し待ってもらう」という概念は通用しないと思われます。

 

 

ファクタリングに関するトラブルは他にも考えられます。

ファクタリングを利用する企業は悪徳ファクタリング会社にひっかからないようにすることと同時に、利用者企業自身もしっかりルールを守らなければなりません。

 

 

f:id:fukumochifuku:20170417110917j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

銀行融資が受けられない状況下の企業さまにも

ファクタリングとは、

簡潔に言うと、企業が保有する売掛債権(売掛金)をファクタリング会社が買い取ることによって、企業に資金を提供するサービスです。

買取時に一定の手数料をファクタリング会社に支払うことになります。
ファクタリング会社の役割の中に売掛先の与信調査・管理、売掛債権回収・管理などもあり、ファクタリングの種類によって異なってきます。

 

ファクタリングという資金調達方法は【売掛金】があれば

・資金ショート
・赤字決算
・業績悪化
・融資を断られた
・税金滞納中
・リスケ中

のような状況下でも資金調達が可能になる方法です。

 

ファクタリングにはいくつかの種類があり、その種類によって向き不向きがでてきます。
つまり企業の状況によってどのファクタリングの種類を選択するかが重要になります。

 

 

f:id:fukumochifuku:20170417110917j:plain

 

ファクタリングに関する情報はこちらのページへ

【 ファクタリングとは 】

 

 ファクタリングとは、

簡潔に言うと企業が保有する売掛債権(売掛金)をファクタリング会社が買取ることによって、企業に資金を提供するサービスです。

買取時に一定の手数料をファクタリング会社に支払うことになります。

ファクタリング会社の役割の中には売掛先の与信調査・管理、売掛債権回収・管理なども含まれるなど、ファクタリング会社や契約内容によって異なってきます。

 

 

 

ファクタリングという資金調達方法は【売掛債権】があれば

・資金ショート

・赤字決算

・業績悪化

・融資を断られた

・税金滞納中

・リスケ中

のような状況下であっても資金調達が可能になる方法です。

 

ファクタリングにもいくつかの種類があり、その種類によって向き不向きが出てきます。

つまり企業の状況にようってどのファクタリングの種類を選択するかが重要となります。

 

f:id:fukumochifuku:20170417110917j:plain

 

 

ファクタリングに関する情報をもっと詳しく!

【 ファクタリングとは|ファクタリング情報サイト 】

 

 

 

 

 

 

 

3社間ファクタリングとは

【 3社間ファクタリングとは 】

 

取引先企業・利用者企業・ファクタリング会社の3者により債権譲渡、債権回収を行う取引のことです。
利用者企業とファクタリング会社で契約の締結後、取引先企業へ債権譲渡の通知もしくは、承諾、登記登録などを行います。

 

 

一般的な3社間ファクタリングとしては、

利用者企業は売掛債権をファクタリング会社に譲渡し、ファクタリング会社はファクタリング手数料を差し引いた額を利用者企業に支払い、利用者企業は期日前に資金を手にできます。
取引先企業は期日通りにファクタリング会社に売掛債権の代金を支払います。

 

取引先への通知や承諾もしくは登記登録が必要になるため、初回は2社間ファクタリングより資金化まで時間がかかります。しかしファクタリング手数料は2社間より安く済む傾向にあります。

利用者企業は期日よりも早く資金化が出来る上、債権回収にかかるコストを軽減できます。
取引先企業も事務負担の軽減により人件費・印紙代を削減が期待できます。

 

ただ「ファクタリング」に関しての認知度がいまだ低く、

ファクタリング会社を装った闇金業者のようなところも存在することから取引先企業が納得してくれるかが疑問で、2社間ファクタリングを選択する中小企業が多いというのが現状です。

 

ファクタリング会社にとっても3社間ファクタリングはメリットも大きいので、あとはファクタリングでの資金調達が1つの資金調達術として確立していき、取引先となる大手企業などが理解を示してくれるのを期待するしかありません。

あやふやになってしまっている法整備も整えば、悪徳ファクタリング会社などもなくなるかと思います。

 

 

 

 

 

 

建設業界を中心に需要が高い今の時期、ファクタリングをご検討中ならお早目にお問い合わせを!

 

 

建設業界は3・4・5月が引き渡し時期のピークで忙しそうですね。

もともと建設業や工事請負業の会社さまからの問い合わせは多かったですが、3月以降は圧倒的な件数です。

法人企業や個人事業主さま関係なく、買取希望でお申込みが増加しています。

 

 

個人事業主さまで2社間ファクタリングが契約できるファクタリング会社はあまり多くありません。

また法人企業さまよりも手数料が高く設定されやすいので、可能ならば金融機関などの融資の方がおすすめです。

 

 

借入ができない、スピード調達がしたいなどの理由がおありの個人事業主さまは

個人事業主さま対応のファクタリング会社を探しましょう。

 

↓ ↓ ↓

 

個人事業主 ファクタリング で検索!

個人事業主さまが利用できるファクタリング会社を紹介しています。

 

 

九州・福岡でのファクタリング

ファクタリングは、

銀行や大手キャッシング会社なども行っている中小企業のための資金調達方法です。

 

 

銀行や大手のファクタリング会社であれば安心して取引ができるし、手数料も5~10%ほどでできたりするようです。

しかしどうしても審査に必要な書類が多かったり、審査が厳しかったりします。

 

さらに3社間ファクタリングがほとんどです。

取引先に知られずにファクタリングをしようとするならば2社間ファクタリングになりますが、

2社間ファクタリングだと売掛金が1度ファクタリング利用者企業に入金される流れになりますので使い込みなどトラブル発生率が高くなってしまうなどの懸念から大手ではほとんど扱っていません。

 

 

しかし近年、ファクタリング会社は需要の高さからか東京を中心に増えているようです。

中には貸金業法が強化されたことにより悪徳闇金業者がファクタリング業に乗り出していることもあるので注意が必要です。

 

 

地域性に特化した実績のあるファクタリング会社も多数存在し、

名古屋や福岡のファクタリング会社は近隣の都道府県からの利用申込みが多いようです。

 

 

 

 

大阪の企業であればJTC、

福岡の企業であればジャパンファクターなど、ファクタリング会社別に特徴なども紹介しているファクタリング情報サイトです。

 

↓ ↓ ↓

 

福岡 ファクタリング で検索!

福岡以外の都道府県のファクタリング情報もたくさん載っています。