ファクタリングを分かりやすく!

ファクタリングは、企業さまが保有する売掛金を活用して資金調達ができる方法の一つです。

 

売掛金を活用して資金調達する方法には

 

・売掛債権証券化

・売掛債権担保融資

・ファクタリング

 

が挙げられます。

 

ファクタリングは売掛債権の売買契約に基づく、売掛金の早期資金化という資金調達方法になります。

 

利用者企業とファクタリング会社で契約を結び、取引先からの入金期日よりも早くファクタリング会社が前払いするような形で入金し、本来の入金期日に取引先より入金後ファクタリング会社に買取日金額の支払いをするという流れになるのが2社間ファクタリングです。

 

利用者企業とファクタリング会社と取引先企業で契約を結び、取引先からの入金日よりも早くファクタリング会社が前払いし、本来の入金期日には取引先企業がファクタリング会社に買取金額の入金をするという流れになるのが3社間ファクタリングです。

 

 

上のように一言で説明しようとすると分かりにくいので

こちらの【 ファクタリングとは 】【 3社間ファクタリングとは 】とはをご覧ください。

診療報酬・介護給付費債権ファクタリング

ファクタリングは、

資金繰りを急いでいる企業が利用することが多い資金調達方法の1つです。

 

銀行融資とは異なり、ファクタリング会社独自の審査を設けているので最短で即日でも100万以上の資金調達が可能になります。

契約に必要な書類も少なくて済むため、利用企業の負担も軽減されます。

 

またファクタリングには、

2社間ファクタリング(利用企業・ファクタリング会社)

3社間ファクタリング(利用企業・取引先企業・ファクタリング会社)

があります。

 

3社間ファクタリングの場合は取引先への売掛債権譲渡の通知または承諾を得る必要があるため、即日といおうのは難しく3~1週間ほどはかかると思います。

 

2社間ファクタリングの場合は利用企業とファクタリング会社が同意のもと契約が成立すれば必要書類などが用意でき次第、ファクタリング実行可能なります。

 

 

 

そして現在、ファクタリングでの資金調達を選択している企業の中で増えてきている業種が【 介護 】関連になります。

 

介護施設などを運営している多く企業が、2か月サイトである介護給付費を利用してファクタリングで資金調達をしています。診療報酬などと合わせて、「診療報酬債権ファクタリング」として需要が伸びています。

 

この診療報酬債権ファクタリングの場合、売掛先は企業ではなく国保や社保ということになり、売掛先からの回収リスクはほぼないということから、売掛先が一般企業の場合のファクタリングと比較してもファクタリング手数料は格段に低く設定されます。

 

 

 

 

2社間ファクタリング、3社間ファクタリング、診療報酬債権ファクタリングなどについての詳細はこちらからご覧になれます。

 

speed-factoring.info

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

売掛債権流動化におけるファクタリング

ファクタリングは、

手形取引が減少してきている近年で注目を集めるようになった中小企業向けの資金調達方法です。

 

ファクタリングという資金調達方法は、古くからあった資金調達術の1つでその発祥は16世紀のイギリスと言われています。

日本では手形取引が主流だったため、そこまで普及しなかったのではないかと考えられています。

 

手形取引では支払いサイトが長く、

手形支払いで受け取ったあと、手形割引で資金繰りをしていた中小企業も多かったわけです。

その支払いサイトの長さから資金繰りが上手くいかず、売り上げはあるのに黒字倒産してしまうという中小企業も後を絶たないという問題も生じていました。

 

 

その後、

国としては大企業・ゼネコンに対して手形支払いではなく、現金支払いに移行するように施策しています。また支払いサイトも60日を推奨するようになりました。

 

これにより、中小企業は少なからずキャッシュフローが改善されたかもしれません。

 

 

 

しかし、60日であっても財務状況が厳しい中小企業にとっては決して短いサイトではありません。

この30~60日の支払いサイトで資金繰りに苦しむ中小企業に活用してほしいのが売掛金です。

 

売掛金を活用して資金調達することなどを【売掛債権流動化】と言います。

紹介しているファクタリングという方法以外にも、売掛債権証券化や売掛債権担保融資(ABL)があります。

 

 

売掛債権流動化に関わるソリューションの1つであるファクタリングについてはこちらから

【 ファクタリングとは 】

 

売掛金を担保の融資を受けることが出来る売掛債権担保融資(ABL)についてはこちらから

【 ABLとファクタリングの違いとは 】

 

 

 

 

 

 

ファクタリングでの資金調達を検討中なら

ファクタリングは、

銀行融資が受けられなかった場合や至急の資金繰りが必要になったときに活用できる資金調達方法の1つです。

 

 

 

 

たとえば福岡の中小企業さまが月末支払いが立て込み、資金繰りが必要になってしまったとき

明日中に100万以上を用立てようとしても企業さまの状況によっては厳しいものがあります。

 

個人でビジネスローンを組んでなんとかしようとしても100万以上の金額を、となるとそれも難しい場合が多いでしょう。

 

 

即日という短期間で、且つ100万以上の資金繰りをも可能にするのが

ファクタリングという資金調達方法です。

 

しかしファクタリングも万能ではなく、メリット・デメリットがあります。また向き不向きの業種などもあります。

まずはファクタリングについて紹介したいと思います。 

 

 

 

 

 

そして、こちらでご紹介しているのは全国対応ファクタリング会社です。

 

全国対応ファクタリング会社の中でも、

ジャパンファクターは個人事業主も対応している数少ないファクタリング会社ですね。福岡に拠点があるため九州の利用企業が多いようですが、日本全国で出張対応、郵送対応しています。

 

ジャパンファクターをはじめ、その他のファクタリング会社とも比較しやすいファクタリング情報サイトからご覧になれます。

 

 

福岡の中小企業さまも、その他の地域の企業さまもチェック

↓ ↓ ↓

 

【 福岡 ファクタリング |ファクタリング情報サイト 】へ

ファクタリング装い…悪徳ファクタリング会社・実質経営者逮捕

ファクタリングは、

銀行融資を受けられない状況下の中小企業であっても売掛金があれば利用可能な資金調達方法の1つです。

 

銀行融資を受けられない、という状況は中小企業にとっては【倒産】の文字も頭をよぎってしまうような恐ろしいことだと思います。

 

そのような状況でも、

ファクタリングでは短い期間で負債を増やさずに資金調達ができる方法になるため「藁にも縋る」思いで利用しようとしている経営者の方もいらっしゃるかもしれません。

 

 

 

 

そんな状況の中小企業の弱みに付け込むのがファクタリング会社を装って高金利で貸し付けを行う悪徳業者です。

 

今年の1月に初めて悪徳ファクタリング会社として摘発されたとニュースになりました。

そして、3月、今回5月と続報として取り上げられています。

 

 

その記事や内容についてはこちらのサイトから見ることができます。

↓ ↓ 

 

speed-factoring.info

 

 

 

ファクタリングにも審査はあるが融資ではない

ファクタリングは、

 

数日~数カ月先に取引先から入金予定の請求済みである未払いのキャッシュつまり売掛金

 

ファクタリング会社に譲渡することで早期資金化できる金融サービスです。

 

 

 

融資ではないので、「借りる」という表現でなく、「買取」や「売買」という言葉を使います。

 

ファクタリング実行までの流れなどはファクタリング会社によっても様々であり、

ファクタリングの内容によっても変化します。

 

 

 

 

まず、

融資を受けるときと同様に【審査】と呼ばれるものをクリアしなければなりません。

 

その審査もファクタリング会社によって異なるため、

それに必要な準備書類も違えば、かかってくる時間にも差が出てきます。

 

 

審査基準がファクタリング会社によって異なるといことは、

1つのファクタリング会社に断られてしまっても別ファクタリング会社では契約できる可能性も十分にあるということにはなります。

 

しかし、1つのファクタリング会社では契約できないという評価を受ける何かしらの問題があるはずなので、他社で契約できたとしてもファクタリング手数料に反映してくるとは思います。

 

 

 

 

又、中には情報を抜き取るだけというような悪徳業者も存在するかもしれません。

 

むやみやたらに申し込みをするようなことはせず、

ある程度情報を収集してからのファクタリング会社の選択をおすすめします。

 

 

 

 

少し前には悪徳ファクタリング会社が初めて警察に摘発されてニュースになりました。

内容としては、ファクタリング会社を装い中小企業を相手に融資を行い、高金利で貸し付けたというものです。

 

本来融資をするためには貸金業登録が必要になりますが、

ファクタリング会社として運営していたため登録はされていませんでした。

つまり無登録営業を行ったとして貸金業違反の疑いがあります。

 

又、貸金を行うならば出資法で定められた内での金利である必要があります。

それを逸脱した高金利で貸し付けを行ったとして出資法違反の容疑も挙げられています。

 

 

売掛金の買取によるファクタリングと、売掛金を担保にして融資を受ける売掛金担保融資の違いについては利用者も理解しておいた方が、悪徳ファクタリング会社から身を守る方法の1つとなります。

 

 

 

ファクタリングや売掛金担保融資についてもっと知りたい>>

speed-factoring.info

 

 

 

 

 

 

 

 

2社間ファクタリングと3社間ファクタリング、どちらが良い?

ファクタリングは

中小・零細企業が保有する売掛金を早期資金化できる金融サービスです。

 

その売掛先が大手ゼネコンや上場企業であれば、

好条件でファクタリング契約が可能となります。

 

同様に、

2社間ファクタリングよりも3社間ファクタリングであるときも、

かかってくるファクタリング手数料に差が出てきます。

 

 

 

3社間ファクタリングの場合は、

取引先への通知また承認が必要となるためファクタリング実行までに時間がかかってしまいます。

 

もし2・3日で資金調達を希望しているならば、

初回は2社間ファクタリングを利用して次回以降3社間ファクタリング契約を結ぶということももちろん可能です。

 

ファクタリング会社にとっても、

2社間ファクタリングよりも3社間ファクタリングの方がリスクが減る為、成約率も上がってきます。ファクタリング利用者企業による使い込みや二重譲渡のリスクがないからです。

 

 

 

 

取引先の理解を得られるならば、

3社間ファクタリングの方がファクタリング取引成約率も上がり、手数料も抑えることが出来るのでそちらをおすすめします。

 

 

 

 

しかし、ファクタリング利用企業の多くが2社間ファクタリングを選択しています。

 

利用する企業の状況は様々でしょう。

その状況に合わせてファクタリング会社の選択、ファクタリング取引内容の選択をすることが大切です。

 

 

 

福岡で3社間ファクタリングするなら>>

 

f:id:fukumochifuku:20170417110917j:plain