読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

下請への現金支払いを拡大|売掛金を早期資金化して事業資金に

近年は、できる限り現金で支払いをするように大企業に国が働きかけてくれているため、 手形での支払いは減少傾向にあるようです。

 

最近も大手自動車部品会社は下請会社に対して支払いを現金で統一するとニュースになっていました。

これまで手形割引で資金繰りをしなければならなかった下請会社にとっては喜ばしいことなのではないでしょうか。

またこちらの会社がどうかはわかりませんが、現金支払いも60日以内でと推進されているようですね。

 

 

 

それでももっと早く資金化する必要があるならばファクタリングという方法があります。

60日後に入金予定の現金支払いをファクタリング会社が前払いしてくれる方法です。 

 

 

融資ではないので、企業の負債を増やすことにはならず、

これから銀行融資を受けたいとお考えの企業にも利用しやすいサービスとなっています。

 

「銀行から融資を受けたいけれど、税金や社会保険料の滞納がネックになっている…」

という企業のお悩みにも、

ファクタリングは応えることができます。

 

 

ファクタリングを利用するにも審査がありますが、銀行の審査とは審査する項目も必要な書類も異なってきます。

ファクタリングの最大のメリットは融資にはないスピード感なので、

審査も圧倒的に早く10分で程度でファクタリング会社から返答があります。

 

 

気になる審査や、資金化までの流れの詳細は

speed-factoring.info

のページをご覧ください。

 

 

銀行融資以外の資金繰り方法の1つとして、ファクタリングをご検討してみてはいかがでしょうか。