診療報酬・介護給付費ファクタリング

最近、「最高益更新企業が増えたのに賃金は上がらない」と言った記事を見かけました。

その最高益更新見込みの企業の中には『その他金融業』の会社が多数挙がっていたようです。その他金融業には地味でも独自の強みを持っていたりして最高益を更新する見込みの会社が多いのだとか…。

 

 

 

その中でも大手リース関連会社は小口リースが収益の柱だが、集金代行や介護ファクタリングなどの金融サービスでも収益を積み上げているようです。

集金代行やファクタリングの需要が高まっているともとることができますね。

 

介護ファクタリングとは

介護給付費などを債権として買取り、早期資金化できるサービスです。医院やクリニックが利用できる診療報酬債権ファクタリングと同じように紹介されていることが多いです。

 

介護給付費は被保険者(要介護者)に対する保険給付のことで、国保や社保から請求事業者へ入金があります。

ファクタリングを利用することで、介護施設障碍者施設などの事業者はおよそ2か月先に入金予定の給付費をすぐに資金化することができます。

 

この場合、売掛先が国保や社保となることから、

ファクタリング会社にとって回収リスクが低いので手数料を安く設定しやすいです。

介護関連業の会社だけを扱うファクタリング会社もあります。

 

 

 

 

こちらのサイトで紹介されているファクタリング会社は、

このような介護関連業はもちろんその他の業種でも利用できるファクタリング取引を扱っています。

 

 

気になる審査や、資金化までの流れの詳細は

speed-factoring.info

のページをご覧ください。

 

 

ファクタリングは融資ではないので、会社の負債を増やすことにはならず、

これから銀行融資を受けたいとお考えの会社にも利用しやすいサービスとなっています。

 

「銀行から融資を受けたいけれど、税金や社会保険料の滞納がネックになっている…」

という会社のお悩みにも、

ファクタリングは応えることができます。

 

 

ファクタリングを利用するにも審査がありますが、銀行の審査とは審査する項目も必要な書類も異なってきます。

ファクタリングの最大のメリットは融資にはないスピード感なので、

審査も圧倒的に早く10分で程度でファクタリング会社から返答があります。

 

 

 

 

銀行融資以外の資金繰り方法の1つとして、ファクタリングをご検討してみてはいかがでしょうか。