読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ファクタリングに向いている業種とは

銀行融資を受けられない状況のときに

資金調達の方法の1つとしてファクタリングをおすすめしていますが、

そんな業種の企業であっても利用できるのか…

 

ということが気になりますね。

 

 

 

まずはファクタリングの対象となる売掛金(売掛債権)がないことには利用できません。

建設・工事請負業や運送、製造、繊維業などの会社は売掛金が発生し、且つ取引先からの支払いサイトも30~90日と長く設定されていることが多いでしょう。

 

そのような業種には最短即日で資金化できるファクタリングは利便性が高いと言えます。

ただ支払い期日が先であればあるほど、ファクタリング手数料は上がることがほとんどですので注意が必要です。

 

 

一概に売掛金と呼ばれている債権以外にもファクタリングできます。

 

たとえば医院、整骨院などが診察、治療を行い、国保や社保にレセプト報酬を請求した際に発生する診療報酬債権を対象にファクタリングすることもできます。

同様に、介護給付費や訓練等給付費などの自立支援給付費を対象にファクタリングで資金調達することも可能になります。

 

 

また、現金商売である飲食事業であってもファクタリングでの資金調達は可能になります。

それはどのようなファクタリングの種類になるのか、

fukumochifuku.hatenablog.com

 こちらで紹介しているサイトにてチェックしてみて下さい。