読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つなぎ資金としての活用が最適

ファクタリングは企業が保有する売掛金をもとに

早期資金化することで資金繰りができる金融サービスになります。

 

売掛金もしくは売掛債権がないことには、ファクタリングは利用できません。

 

そして保有していたとしても、その売掛金以上の金額をファクタリングで資金化することはできません。

つまり1,000万必要であっても、

売掛金が900万しかなければ900万以下しか資金化はできないのです。

 

 

大型の資金はやはり銀行融資が最適です。

ファクタリングは手数料がかかり、融資の金利と比べてみてもその利便性からかなり高く設定されやすいです。

ファクタリングでは金額に比例して手数料もかかりますから、大きな金額での利用よりもできる限り少額であった方が良いと思います。

 

ファクタリングの利用理由としては、

銀行融資までの【つなぎ資金】としてというものが最も多いです。

「今後、取引銀行からの融資を控えているが事業資金が足りない。借入は増やせないので売掛金を早期資金化してなんとか融資がおりるまで繋いだ。」

という経営者を多く聞きます。

 

 

ファクタリングは銀行融資以外の資金繰り方法として注目されていますから、

税金や保険料の未納などの融資がおりない状況下の企業にはぜひ検討して頂きたいです。