3社間ファクタリングとは

【 3社間ファクタリングとは 】

 

取引先企業・利用者企業・ファクタリング会社の3者により債権譲渡、債権回収を行う取引のことです。
利用者企業とファクタリング会社で契約の締結後、取引先企業へ債権譲渡の通知もしくは、承諾、登記登録などを行います。

 

 

一般的な3社間ファクタリングとしては、

利用者企業は売掛債権をファクタリング会社に譲渡し、ファクタリング会社はファクタリング手数料を差し引いた額を利用者企業に支払い、利用者企業は期日前に資金を手にできます。
取引先企業は期日通りにファクタリング会社に売掛債権の代金を支払います。

 

取引先への通知や承諾もしくは登記登録が必要になるため、初回は2社間ファクタリングより資金化まで時間がかかります。しかしファクタリング手数料は2社間より安く済む傾向にあります。

利用者企業は期日よりも早く資金化が出来る上、債権回収にかかるコストを軽減できます。
取引先企業も事務負担の軽減により人件費・印紙代を削減が期待できます。

 

ただ「ファクタリング」に関しての認知度がいまだ低く、

ファクタリング会社を装った闇金業者のようなところも存在することから取引先企業が納得してくれるかが疑問で、2社間ファクタリングを選択する中小企業が多いというのが現状です。

 

ファクタリング会社にとっても3社間ファクタリングはメリットも大きいので、あとはファクタリングでの資金調達が1つの資金調達術として確立していき、取引先となる大手企業などが理解を示してくれるのを期待するしかありません。

あやふやになってしまっている法整備も整えば、悪徳ファクタリング会社などもなくなるかと思います。