読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ファクタリングに関するトラブル

ファクタリングは、

企業が保有する売掛金をファクタリング会社に手数料を支払って早期資金化するものです。

手形割引と近いかもしれません。

しかし、手数料の負担は結構大きな差となっています。

 

 

ファクタリングではファクタリング会社独自の審査によって実行が決められます。

利用者企業よりも、売掛金を期日通りに入金できるかという点で売掛先の信用力が重視されたりします。

2社間ファクタリングでは、このことがファクタリング会社にとって大きなリスクとなると考えられます。

 

取引先から売掛金の入金が利用者企業にあったにもかかわらず、ファクタリング会社に支払わずに別の支払いなどに使い込んでしまうなどの「使い込み」というリスクがあります。

もちろん利用者企業に関する審査がないとか、甘いとかいう話ではないですが、

このようなリスクも考えられるためファクタリング会社としては高めの手数料を設定することになるのだろうと考えられます。

 

ここでの利用者企業による「使い込み」は横領などの犯罪になりかねませんのでご注意下さい。

ファクタリングは融資ではなく、債権の売買によるものなので、「支払いを少し待ってもらう」という概念は通用しないと思われます。

 

 

ファクタリングに関するトラブルは他にも考えられます。

ファクタリングを利用する企業は悪徳ファクタリング会社にひっかからないようにすることと同時に、利用者企業自身もしっかりルールを守らなければなりません。

 

 

f:id:fukumochifuku:20170417110917j:plain