読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ファクタリングの歴史と現在

ファクタリングは、企業が保有する売掛金をファクタリング会社が前払いすることにより即日調達も可能な資金繰り方法の一つです。

 

 

ファクタリングは最近になって注目を集めているように思いますが、

欧米では古くから利用されてきた資金調達方法です。

 

日本では長い間、手形取引が主流だったこともありファクタリングは聞き慣れない、取引方法でした。

しかし近年は下請法の見直しにより、手形支払いから現金支払いに移行していく動きが大きなってきました。

支払いサイトも60日以内で実行するように大企業やゼネコンに国が働きかけてくれています。

 

それでも90日後の支払いや、たとえ30日後の支払いであっても中小企業にとってはそのときの状況によって苦しい財務状況になりかねません。

手形が発行されているわけではないので、資金繰り方法としては融資に頼ることになってしまいます。

 

 

 

そんなときに利用できるのがファクタリングです。

ファクタリングは30日後、60日後に入金予定の売掛金をファクタリング会社が買取る形で早期資金化できます。

 

利用企業としては手数料を支払うことで利用可能です。手形割引と同じような感じですが、ファクタリングには償還請求権がありません。

 

手形割引では手形を発行した企業が支払いをしなければ、利用企業は銀行に返済しなければなりません。しかし、ファクタリングでは債権の買取となり、売掛先の不払いリスクもファクタリング会社に移転することになるのです。

 

そのリスクの違いなどから、割引料とファクタリング手数料では大きな差があります。

ファクタリングは、

銀行に頼れない企業にとっても大変有効的な資金調達手段ではありますが手数料は決して高くありませんので利用する際にはしっかりファクタリング会社の担当者にご相談下さい。

 

 

 

f:id:fukumochifuku:20170417110917j:plain

 

手形割引とファクタリングの違い|ファクタリング情報サイト】より