ファクタリングを利用するメリット・デメリット

ファクタリングは、

銀行融資を受けることができない法人企業さまにも資金調達が可能になる金融サービスです。

 

 

債務超過や赤字決算、リスケ中、税金滞納などの問題を抱えていると銀行融資は

受けにくくなります。

 

その他にも下請会社への支払いや資材費、従業員への給与支払いをしなければ、運営自体がストップし仕事が出来なくなってしまうでしょう。

 

 

資金繰りを達成しなければ倒産の危機…という最悪の事態も十分にありえる場面です。

 

 

 

 

ファクタリングはそのような状況下の企業さまでも利用できる仕組みになっています。

 

 

企業さまの状況下よりも取引先の信用力によって取引が可能になるからです。

(※企業さまの信用力が全く影響しないわけではありません)

 

良い取引先の売掛金保有していれば、

ファクタリング会社がその売掛金を買い取って最短即日で資金化することができます。

取引先からの支払いが30~60日先だったとしても、

ファクタリングを利用することによりキャッシュ化できるようになるのです。

 

 

これまで中小企業が抱えていた、

商品の納品やサービスの提供が完了しているのにも関わらず、取引先からの支払いサイトの長さにより黒字倒産してしまうというリスクをカバーできる仕組みになっているのです。

 

しかしファクタリングにもデメリットはありますのでよく理解して利用する必要があります。

 

 

 

ファクタリングを利用するメリット、デメリットも詳しく解説しています。

ファクタリングとは|ファクタリングを利用するメリット・デメリット