読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2社間ファクタリングと3社間ファクタリング、どちらが良い?

ファクタリングは

中小・零細企業が保有する売掛金を早期資金化できる金融サービスです。

 

その売掛先が大手ゼネコンや上場企業であれば、

好条件でファクタリング契約が可能となります。

 

同様に、

2社間ファクタリングよりも3社間ファクタリングであるときも、

かかってくるファクタリング手数料に差が出てきます。

 

 

 

3社間ファクタリングの場合は、

取引先への通知また承認が必要となるためファクタリング実行までに時間がかかってしまいます。

 

もし2・3日で資金調達を希望しているならば、

初回は2社間ファクタリングを利用して次回以降3社間ファクタリング契約を結ぶということももちろん可能です。

 

ファクタリング会社にとっても、

2社間ファクタリングよりも3社間ファクタリングの方がリスクが減る為、成約率も上がってきます。ファクタリング利用者企業による使い込みや二重譲渡のリスクがないからです。

 

 

 

 

取引先の理解を得られるならば、

3社間ファクタリングの方がファクタリング取引成約率も上がり、手数料も抑えることが出来るのでそちらをおすすめします。

 

 

 

 

しかし、ファクタリング利用企業の多くが2社間ファクタリングを選択しています。

 

利用する企業の状況は様々でしょう。

その状況に合わせてファクタリング会社の選択、ファクタリング取引内容の選択をすることが大切です。

 

 

 

福岡で3社間ファクタリングするなら>>

 

f:id:fukumochifuku:20170417110917j:plain