ファクタリングにも審査はあるが融資ではない

ファクタリングは、

 

数日~数カ月先に取引先から入金予定の請求済みである未払いのキャッシュつまり売掛金

 

ファクタリング会社に譲渡することで早期資金化できる金融サービスです。

 

 

 

融資ではないので、「借りる」という表現でなく、「買取」や「売買」という言葉を使います。

 

ファクタリング実行までの流れなどはファクタリング会社によっても様々であり、

ファクタリングの内容によっても変化します。

 

 

 

 

まず、

融資を受けるときと同様に【審査】と呼ばれるものをクリアしなければなりません。

 

その審査もファクタリング会社によって異なるため、

それに必要な準備書類も違えば、かかってくる時間にも差が出てきます。

 

 

審査基準がファクタリング会社によって異なるといことは、

1つのファクタリング会社に断られてしまっても別ファクタリング会社では契約できる可能性も十分にあるということにはなります。

 

しかし、1つのファクタリング会社では契約できないという評価を受ける何かしらの問題があるはずなので、他社で契約できたとしてもファクタリング手数料に反映してくるとは思います。

 

 

 

 

又、中には情報を抜き取るだけというような悪徳業者も存在するかもしれません。

 

むやみやたらに申し込みをするようなことはせず、

ある程度情報を収集してからのファクタリング会社の選択をおすすめします。

 

 

 

 

少し前には悪徳ファクタリング会社が初めて警察に摘発されてニュースになりました。

内容としては、ファクタリング会社を装い中小企業を相手に融資を行い、高金利で貸し付けたというものです。

 

本来融資をするためには貸金業登録が必要になりますが、

ファクタリング会社として運営していたため登録はされていませんでした。

つまり無登録営業を行ったとして貸金業違反の疑いがあります。

 

又、貸金を行うならば出資法で定められた内での金利である必要があります。

それを逸脱した高金利で貸し付けを行ったとして出資法違反の容疑も挙げられています。

 

 

売掛金の買取によるファクタリングと、売掛金を担保にして融資を受ける売掛金担保融資の違いについては利用者も理解しておいた方が、悪徳ファクタリング会社から身を守る方法の1つとなります。

 

 

 

ファクタリングや売掛金担保融資についてもっと知りたい>>

speed-factoring.info