売掛債権流動化におけるファクタリング

ファクタリングは、

手形取引が減少してきている近年で注目を集めるようになった中小企業向けの資金調達方法です。

 

ファクタリングという資金調達方法は、古くからあった資金調達術の1つでその発祥は16世紀のイギリスと言われています。

日本では手形取引が主流だったため、そこまで普及しなかったのではないかと考えられています。

 

手形取引では支払いサイトが長く、

手形支払いで受け取ったあと、手形割引で資金繰りをしていた中小企業も多かったわけです。

その支払いサイトの長さから資金繰りが上手くいかず、売り上げはあるのに黒字倒産してしまうという中小企業も後を絶たないという問題も生じていました。

 

 

その後、

国としては大企業・ゼネコンに対して手形支払いではなく、現金支払いに移行するように施策しています。また支払いサイトも60日を推奨するようになりました。

 

これにより、中小企業は少なからずキャッシュフローが改善されたかもしれません。

 

 

 

しかし、60日であっても財務状況が厳しい中小企業にとっては決して短いサイトではありません。

この30~60日の支払いサイトで資金繰りに苦しむ中小企業に活用してほしいのが売掛金です。

 

売掛金を活用して資金調達することなどを【売掛債権流動化】と言います。

紹介しているファクタリングという方法以外にも、売掛債権証券化や売掛債権担保融資(ABL)があります。

 

 

売掛債権流動化に関わるソリューションの1つであるファクタリングについてはこちらから

【 ファクタリングとは 】

 

売掛金を担保の融資を受けることが出来る売掛債権担保融資(ABL)についてはこちらから

【 ABLとファクタリングの違いとは 】