診療報酬・介護給付費債権ファクタリング

ファクタリングは、

資金繰りを急いでいる企業が利用することが多い資金調達方法の1つです。

 

銀行融資とは異なり、ファクタリング会社独自の審査を設けているので最短で即日でも100万以上の資金調達が可能になります。

契約に必要な書類も少なくて済むため、利用企業の負担も軽減されます。

 

またファクタリングには、

2社間ファクタリング(利用企業・ファクタリング会社)

3社間ファクタリング(利用企業・取引先企業・ファクタリング会社)

があります。

 

3社間ファクタリングの場合は取引先への売掛債権譲渡の通知または承諾を得る必要があるため、即日といおうのは難しく3~1週間ほどはかかると思います。

 

2社間ファクタリングの場合は利用企業とファクタリング会社が同意のもと契約が成立すれば必要書類などが用意でき次第、ファクタリング実行可能なります。

 

 

 

そして現在、ファクタリングでの資金調達を選択している企業の中で増えてきている業種が【 介護 】関連になります。

 

介護施設などを運営している多く企業が、2か月サイトである介護給付費を利用してファクタリングで資金調達をしています。診療報酬などと合わせて、「診療報酬債権ファクタリング」として需要が伸びています。

 

この診療報酬債権ファクタリングの場合、売掛先は企業ではなく国保や社保ということになり、売掛先からの回収リスクはほぼないということから、売掛先が一般企業の場合のファクタリングと比較してもファクタリング手数料は格段に低く設定されます。

 

 

 

 

2社間ファクタリング、3社間ファクタリング、診療報酬債権ファクタリングなどについての詳細はこちらからご覧になれます。

 

speed-factoring.info