銀行融資以外の資金調達方法

ファクタリングとは、売掛金を活用した銀行融資以外の資金調達方法の1つです。

 

日本の多くの中小企業が銀行融資に依存した経営をしているという結果もあるように、銀行融資を受けられなかったために、

売上はあるのに黒字倒産してしまうという会社も少なくありません。

 

そこで活用できるのが企業が保有する売掛金です。

すでに商品の納品、サービスの提供などが完了し、取引先に請求済みである未払いのキャッシュである売掛金を、

取引先からの入金期日よりも早く、ファクタリング会社が資金化します。

 

売掛金の支払いサイトは業種や取引先によっても様々でしょう。

 

30日から長いところでは今でも90日ほど待たなければならないところもあるようです。

取引先が大きな会社ほど支払いサイトも長かったりします。せっかく大きな仕事ができるにも関わらず、入金が3カ月も先となると中小企業の資金繰りが詰まってしまうのも当然と言えるかもしれませんね。

 

ここで銀行融資が受けられる状況下の企業であれば問題は少ないのでしょうが、

そうではない中小企業も多いです。

 

税金を滞納している、赤字決算を出している、リスケ中であるなど…。

受けられる予定だった銀行融資が1か月、さらにもう1か月と延ばされてしまい、資金繰りがおかしくなったという企業の話もよく耳にします。

 

そのような場面で有効的かもしれないのが、ファクタリングという資金調達方法です。

 

ファクタリングについてもっと知りたい方はこちらをチェック!

【 ファクタリング情報サイト|ファクタリングとは 】