ファクタリングのメリット・デメリット

ファクタリングとは、

ファクタリング会社が売掛債権を買い取ることにより、売掛金を早期資金化して資金調達ができる金融サービスです。

 

すでにサービスの提供や商品の納品が完了していても、取引先からの入金は30~90日間の支払いサイトがあるものです。

近年は国の働きかけにより、中小企業への支払いは手形から現金へ、支払いサイトは60日以内になるようにと、改善されてきてはいるようです。

 

 

しかし、銀行融資が受けられない状況下の中小企業にとっては30~60日の支払いサイトであっても、

「仕事は完了しているのだから、今すぐそれが資金になったら…」と思ってしまうのも致し方ありませんよね。

 

税金を滞納していたり、すでにリスケ中であるなどの場合は、銀行融資を受けることは難しくなってきます。

こんな状況では大きな仕事が入ってきても受けられないし、取引先1社の支払いが遅れただけで大きく影響を受けてしまうという現状が多くの中小企業の悩みの種だたとぁけです。

 

 

「銀行融資以外の資金調達方法があったなら・・・・」

という期待に応えられるかもしれないのが、ファクタリングです。

 

ファクタリングでは融資ではなく売掛債権の買取になるため、担保や保証は必要ありません。

また審査の対象としてファクタリングを利用する中小企業もですが売掛金の支払いをする取引先企業の信用力が大きな範囲を占めます。(審査内容、審査基準はファクタリング会社によって異なりますが)

 

 

税金滞納や、リスケ中であっても、ファクタリングでの資金調達は可能になります。

 

 

融資ではなく、買取という契約内容になることで大きなメリットとなるのが、

売掛先の不渡りや倒産リスクもファクタリング会社に移転するという点です。

 

売掛債権担保融資になれば売掛先が期日に売掛金の支払いができなかった場合、利用者企業に返還義務が発生しますが、ファクタリングでは返還義務などは発生しません。

 

これは大きなメリットではありますが、それに比例するようにデメリットとなるのが手数料の高さに反映されているという点です。

ファクタリング会社は売掛先の不渡りリスクなども請け負うため、融資の金利と比較しても高いファクタリング手数料をとることになります。

 

 

 

他にもファクタリングにはメリット、デメリットになるポイントがいくつもあります。

 

こちらで紹介しきれなかったポイントはこちらのサイトからチェックして下さい。

ファクタリング会社の比較も紹介しています。

 

【 ファクタリングのメリット・デメリット | ファクタリング情報サイト 】

 

f:id:fukumochifuku:20170417110917j:plain