ファクタリングとは

ファクタリングは、

企業が保有する売掛金を早期資金化することで可能となる資金調達方法です。

 

数週間~数カ月先に入金予定の、

すでに取引先への商品の納品、サービスの提供が完了し、取引先への請求済みの未払いのキャッシュをファクタリング会社が最短即日で資金化します。

 

これは、売掛金つまり売掛債権をファクタリング会社が買取る形で成立する取引となり、融資には該当しません。

売掛金を対象とした融資は確かにあります。売掛債権担保融資という売掛債権を担保に融資を受ける方法です。融資なので取引先が不渡りを起こしたり倒産などした場合には、融資を受けた企業は償還請求されることになります。

しかし、ファクタリングは融資ではなくあくまで売買契約に基づく取引です。買取る=リスクもファクタリング会社に移転しることになります。

取引先が不渡りを起こしたり、倒産して売掛金を支払うことができなかった場合の損失はファクタリング会社が負担することになるのです。償還請求権なしということですね。

 

 

この償還請求権ありかなしかというところは、融資とファクタリングの違いとして挙げられる点の1つです。

他にも融資とファクタリングの違い、そして注目すべきファクタリングのメリットやデメリットがあります。

 

さらに詳しくファクタリングについて解説します。

 ファクタリングとは