様々な業種におけるファクタリングでの資金調達

ファクタリングは、中小企業さまが保有する売掛金を早期資金化するという資金調達方法です。

売掛金があればファクタリング会社がその売掛金の一部を買取り、前払いするような形で、利用者企業さまに入金をします。

 

 

特に建設・工事請負業の下請企業さまは1カ月から長いと半年先にしか入金がない等、資金繰りが大変な業種になります。

職人や孫請会社への支払いを抱えながら、元請けの倒産によって黒字倒産、共倒れのリスクも発生します。

 

手形取引が主流だった日本でも、近年は現金支払いを推奨し加えて、60日以内での支払いを大手企業やゼネコンに呼びかけています。

大手企業やゼネコンが手形を発行しなくなれば手形割引での資金繰りはできなくなります。

そのため売掛金を活用した資金調達方法であるファクタリングを利用する中小企業が増えてきたわけですね!

 

 

もちろん建設・工事請負業だけではありません。

運送業や製造業、卸売業などの中小企業が売掛金を利用した資金調達を利用することができます。

また現金商売である飲食店などの会社であっても、クレジットカード決済額が多い場合はクレジットカード債権ファクタリングが利用できます。

病院や介護施設調剤薬局なども、診療報酬債権や介護給付費を活用したファクタリングでの資金調達が可能になります。

 

 

売掛金を利用した資金調達方法は、ファクタリングだけではありません。

売掛金を利用した融資などもあります。

 

中小企業さまの状況に合わせて、資金繰り方法が選択できるのがベストですよね!

 

 

売掛金を活用した資金調達方法ファクタリングなどについてさらに詳しく紹介していますので、ぜひチェックしてみて下さい。↓↓

建設業 工事請負業 製造業 卸売業 運送業 の早期資金調達ならファクタリング