ファクタリングを利用するそれぞれのメリットとは

ファクタリングは、銀行融資以外の資金調達方法の1つです。

簡単に説明すると、

取引先企業への商品の納品やサービスの提供が完了後、取引先への請求済みの未払いのキャッシュ=売掛金を早期資金化することにより資金繰りが可能になる方法です。

 

企業と取引先企業の間にファクタリング会社が入ることになります。

ファクタリング会社が企業の売掛金の一部を買い取ることにより企業に資金を提供します。手形割引にも似た、売掛金の前払い金融といったところでしょうか。

 

 

【ファクタリングを利用する企業にとってのメリット】

企業にとっては数カ月先にしか使える資金になりえなかった売掛金を、ファクタリングを利用することにより最短即日~3日ほどでキャッシュ化できるというメリットがあります。

 

【ファクタリング会社にとってのメリット】

企業が保有する売掛金を早期資金化する際には、ファクタリング手数料が費用としてかかります。事務手数料や登記費用や印紙代なども含まれていますが、その中にファクタリング会社の利益も含まれています。

 

【取引先企業にとってのメリット】

ファクタリング会社が企業の信用調査などを担うことでその手間や費用が削減できたりします。

 

 

企業、取引先企業、ファクタリング会社で取引するファクタリングは一般的に3社間ファクタリングと呼ばれます。

企業、ファクタリング会社のみで取引する2社間ファクタリングもあります。これは、下請企業が元請企業からの信用度への影響を懸念した場合などに選択されます。ファクタリングは売掛金の売買契約に基づくため、買い取った一部の売掛金は取引先企業からファクタリング会社へ入金されるべきものです。それを2社間ファクタリングを選択した企業が売掛金の回収を担い、取引先企業から売掛金入金後ファクタリング会社に買取金額の支払いをするという流れになります。

 

 

もっと分かりやすくファクタリングについて知りたいなら

 ファクタリングとは | ファクタリング情報サイト 】へ

f:id:fukumochifuku:20170417110917j:plain