保有する売掛金の一部をファクタリングで資金化!

ファクタリングとは、端的に説明すると売掛金の早期資金化です。

ここでの売掛金とは、すでに商品の納品サービスの提供が完了して取引先企業へ請求済みである、未払いのキャッシュのことです。

「近い将来には売掛金の入金があるものの、今手元に使える資金が足りず支払いができない…」という状況が発生してしまった下請中小企業が有効的に活用できる資金調達方法になります。

このような状況になってしまったとき銀行融資に頼ることが出来れば良いのですが、
それは資金が必要となる日までの日数や企業状況によって異なってくるでしょう。

 

ファクタリングは銀行融資以外の資金調達方法の1つとして利用することができます。

 

 

しかし、注意が必要なのは銀行融資の代用としての資金繰りには向いているとは言えない、ということです。

ファクタリングには、ファクタリング手数料という費用がかかります。

契約に必要な費用や印紙代、取引内容に応じて発生するリスクに応じた費用、おそらくファクタリング会社の利益も含まれてくるでしょう。

銀行融資の金利よりはかなり割高にはなってきてしまいます。売掛金のほとんどを早期資金化することで、融資の代用として事業資金にまわすと損失も大きくなるのではないでしょうか。

 

月の売掛金の一部を利用するのが望ましいですが少なすぎても問題はあります。

上記でも述べたようにファクタリング手数料は一定額の固定費がかかってきますから、少額すぎるとファクタリングをしても資金として手元にくるのも当然少なくなってしまいます。

例えばファクタリングでは初回は固定費だけで10万はかかるとされています。

これが200万のファクタリングならば+手数料で計25万かかったとしても175万の資金ができます。少額の30万でファクタリングをした場合金額に関わらず固定費10万+手数料で計15万かかったとすると、手元には半分の15万にしかなりませんね。

 

保有する売掛金のうち、どのくらいをファクタリングで資金化するのかというのも大変重要になってきます。

そもそもこれに関連してくるファクタリング手数料はファクタリング会社によって大きく変動しますから、ファクタリング会社の選択も大事になってきます。

 

こちらでは、【 ファクタリングとは 】【 全国対応ファクタリング会社比較 】などもご紹介していますのでぜひチェックしてみましょう!

 

 

speed-factoring.info