ファクタリングでの資金調達について

ファクタリングは、下請企業さまが保有する売掛金の一部をファクタリング会社が買取り、その代金を支払うことで即日調達も可能となる資金調達方法です。

 

売掛金のほとんどをファクタリングで資金化してしまうと、キャッシュが手元にできてその場での資金シュートの恐れなどは回避できますが、

結局は「本来の入金期日のときに資金が全くない」ということになってしまいます。

 

このような場合には、また同じような金額のファクタリングを繰り返すことになるかもしれません。そうなれば、融資の金利と比較しても決して安いとは言えない手数料がかかりますから大変もったいないわけですよね。

 

理想的なファクタリングの導入方法としては、

売掛金の一部(5割以下)をファクタリングで資金化して急な支払いや銀行融資までのつなぎ資金として活用する、というものです。

売掛金での資金調達を、会社の運用資金の主軸として活用するにはリスクが大きいと思われます。そもそも売掛金以上の資金調達は不可能なので、その月の売掛金がなんらかの理由で普段より極端に少なくなってしまった場合などはいよいよ資金繰りに詰まってしまいます。

 

ファクタリング会社としても、売掛金を買い取ると同時に売掛先の不渡りリスクも請け負います。

そのため定期的に一定額の取引があり、且つきちんと売掛先から支払われている、と確認できる売掛金の方が取引しやすいのです。

 

ポイントとしては、複数の安定した取引先があるならば複数の売掛金をファクタリングすることは可能という点が挙げられます。

必要な資金が500万で、取引先1社からの売掛金が200万程度だとしても、同じような取引先が10社あれば保有する売掛金およそ2000万のうち500万をファクタリングで早期資金化することができるのです。

 

 

 

ファクタリングでの資金調達を検討するならば、

安定した売掛先の一定額の取引があり、且つ保有する売掛金総額の一部であった方が良いと思われます。

会社の状況によってはそうは言っていられないこともあるでしょう。

ファクタリングを利用する最大のメリットは「とにかく急いで資金繰りしたい!」という声に応えることができるところです。

 

至急の資金繰りが必要であれば、やはりファクタリングを検討してみるのも良いのではないでしょうか。

 

ファクタリングを検討される下請企業さまに分かりやすくファクタリングについてご紹介します。

ファクタリング会社も比較して一覧に!

ぜひチャックしてみて下さい。

 

 

ファクタリングとは |ファクタリングで即日資金調達 情報サイト