ファクタリングという中小・下請企業のための資金調達方法

ファクタリングという資金調達方法

 

ファクタリングとは、中小企業・下請企業が資金ショートを引き起こしそうになったときなど、至急の資金繰りが必要な場合に有効的な資金調達方法です。

 

なぜファクタリングでは至急の資金繰りが可能になるかというと、

ファクタリングを実行するために通過しなければならない審査が、ファクタリング会社独自のものであるからです。

融資を受ける際にも銀行による審査をクリアしなければなりませんが、必要書類も多く、それに伴い審査にかかる時間も余計に要します。

しかし、ファクタリングではそれと比較すると必要書類も少なくて済みます。ファクタリング会社によって審査内容は異なってくるため、審査に必要な書類も自ずと変化します。ファクタリングの最大のメリットはそのスピードですから、最短即日でも対応可能な審査内容、必要書類を設定しているファクタリング会社が多いのです。

 

ファクタリング会社独自の審査によるものであるため、即日対応も可能であり、且つ1つのファクタリング会社では契約できなくても、他のファクタリング会社では契約できる可能性もあるということになります。

ファクタリング会社によって異なる審査のうち、共通して言えることは、売掛先企業つまり売掛金を支払う取引先企業の信用力が重要である、ということです。

 

銀行融資を受けられるだけの条件が揃っていない中小企業・下請企業であっても、

質の良い売掛金保有していればファクタリングでの資金調達は可能となります。

ひとつデメリットを挙げるならば、保有する売掛金以上の資金繰りはできないということです。

ファクタリングはつなぎ資金としての運用に適しています。

 

もっとファクタリングについて解説していますので、こちらのページもぜひご覧下さい。

 ファクタリングとは 

speed-factoring.info