売掛金の質から見るファクタリング

ファクタリングとは、

簡潔に説明すると企業が保有する売掛金をファクタリング会社に手数料を支払って入金期日よりも早く資金化するという資金調達方法です。

このファクタリングには、「資金調達をしたい企業」とその企業が保有する売掛金の売掛先である「取引先企業」、「ファクタリング会社」の3つが関わりあって成立します。

 

ここでの売掛金とは「資金調達をしたい企業」が「取引先企業」に対して商品の納品やサービスの提供が完了し、すでに請求済みである未払いのキャッシュのことを指します。

この「取引先企業」は、「資金調達をしたい企業」の業種よって変動するでしょう。

 

例えば、

 

「資金調達をしたい企業」= 工事請負会社 の場合は、

「取引先企業」= 元請企業やゼネコンなど

 

であることが多いでしょうが、公共工事などを請け負う場合は、同じ

 

「資金調達をしたい企業」= 工事請負会社 であっても、

 

「取引先企業」= 市役所などの地方自治

 

ということもありえます。

 

ファクタリングにおけるポイントとしては、取引先企業の信用力が重要視される傾向にあることが挙げられます。これはファクタリング会社にとって売掛金の回収がきちんと期日通りにできるかどうかが重要であるからです。

ファクタリング会社は取引先企業の情報をも審査し、「この売掛金の質は良くなさそうだ」と思えば「回収リスクが高い売掛金である」と判断し、ファクタリングの実行は避けてきます。

 

上記の場合、売掛先が「元請企業」か「市役所」であるパターンを紹介しています。

「元請企業」の信用力が高ければファクタリングは十分可能ですが、信用力が低ければ必ずしもファクタリングができるとは限らない上に、できたとしてもそのリスクの高さに応じてファクタリング手数料も高くなってしまいます。

しかし相手が「地方自治体」などである場合は、売掛金の回収リスクは低いと判断され、ファクタリング実行率も高く、ファクタリング手数料も比較的安くなる傾向があります。

 

 

もちろん全てのファクタリング会社にこのような事例が該当するわけではありません。

ファクタリングにおける審査などはファクタリング会社独自のものになるため一概には言えないのです。

「この売掛金ではできないけれど、この取引先の売掛金であればファクタリングできる」となることもあるでしょう。

 

「資金調達をしたい企業」が銀行融資を受けられない財務状況であったとしても、優良な売掛金保有しているならばファクタリングでの資金調達ができる可能性は十分にあります。

ファクタリングを検討する際には、保有している売掛金の質についても重要なポイントなってきます。その取引先企業の売掛金でファクタリングを利用した方が良いのかも念頭におき、ファクタリングでの資金調達を検討してみて下さいね!

 

どこのファクタリング会社が良いのか迷ったら!】も参考にして下さい。