ファクタリングでの資金調達に向いているのはどんな企業なのか

ファクタリングとは、

銀行融資への依存率が高く、質が良いが少額の売掛金を多数保有していることが多い中小企業、下請企業、零細企業のための資金調達方法であると言えます。

 

1,000万という金額の融資を受けようとするときそれはとても時間がかかります。社会保険料や各税金の未納などがあればそれを解決しない限り、融資を受けることさえ難しくなってしまいます。

1,000万という売掛金という売掛金保有していなければたとえファクタリングであってもそれは難しい・・・

と思う方もいらっしゃるでしょう。

 

確かにファクタリングであっても同じようなことが言えますが、複数の売掛金を利用してのファクタリングで1,000万という資金を数日で調達することは可能になります。

1,000万以上の売掛金1つがなくとも、

複数の取引先があり200万ほどの売掛金が3つ、100万ほどの売掛金が3つ、50万ほどの売掛金が5つ、など総額1,000万以上の売掛金保有していることで、ファクタリングでの希望額である1,000万の資金調達は十分に可能です。

この中から、ファクタリング手数料が差し引かれることになるため1,000万よりも多くなければならないという問題はあります。またその売掛金全てがファクタリング会社の審査に通るとも限りません。売掛先の信用力も問われるため、その売掛先企業への評価によってはその企業への売掛金は対象外とされてしまう可能性もあります。

またファクタリング会社によっては掛目を設定しているところもありますので、ぎりぎりの金額での1,000万の売掛金の早期資金化は考えなおした方が良いとも言えます。

 

ただ取引先企業からの入金がばらばらであっても、売掛金の総額が希望調達額1,000万より余裕があるならば複数の売掛金を利用してのファクタリングは可能であり、検討する価値は十分にあります。