ファクタリングで即日資金調達が可能に

ファクタリングは、企業が保有する売掛金を活用して最短即日でも資金調達も可能となる金融サービスの1つです。

数週間、数カ月先に入金予定の売掛金をファクタリング会社が前払いするような形になります。

 

3社間ファクタリングの場合、本来の入金期日に売掛先である取引先企業からファクタリング会社に譲渡した売掛金の代金が支払われ、

2社間ファクタリングの場合、本来の入金期日に売掛先である取引先企業からファクタリング利用企業に売掛金が入金され次第、譲渡した売掛金をファクタリング会社に支払う

という流れになります。

 

ファクタリングを利用するためにはファクタリング手数料をファクタリング会社に支払います。

融資の金利と比較すると割高であることが多いですが、その理由は【償還請求権なし】の契約にあるリスクが原因です。償還請求権なしとは、簡潔に言うと売掛金を支払う取引先企業が倒産するなどしても、ファクタリング会社は前払いした売掛金をファクタリング利用企業に返金請求することはない、ということです。

つまりファクタリング会社は売掛金の譲渡契約により、売掛金の回収リスクも請負うのです。そのリスクの高さも含めて審査を行い、ファクタリング手数料を設定します。

もし売掛先企業の経営が危ない状況であれば、ファクタリングの実行は難しくなるでしょう。逆を言えば、取引先企業の信用力が高ければ、利用企業が銀行融資を受けられない状況だったとしてもファクタリングは実行できます。

 

これがファクタリングが銀行融資以外の資金調達方法として注目を集めている理由です。

至急の資金繰りが必要であれば、ぜひファクタリングをご検討下さい。