ファクタリングと手形割引での資金調達

ファクタリングと手形割引での資金調達

 

ファクタリングとは、企業が保有する売掛金を早期資金化することによって資金繰りが可能となる金融サービスの1つです。

いま日本の企業間取引では下請法の強化に伴い、「可能な限り支払いは現金で」と親事業者に働きかけています。

主流だった手形取引から現金支払いに変化してきています。すなわち下請事業者の資金調達方法も手形割引からファクタリングへと変化していくことになります。

 

手形割引を利用する際には、銀行などの金融機関もしくは手形割引専門業者に依頼することになります。取引先企業から支払いとして振り出された手形を、支払い期日より前に満期日までの利息に該当する割引料を差し引かれた金額で換金、現金化することができます。

主に取引のある銀行を利用することになるでしょうが、手形を発行した手形振出企業の信用力も重要です。手形の支払いサイトが長すぎるという理由で手形割引を断られることはないようですが、期間が長ければそれだけ割引料として差し引かれます。

この点はファクタリングも同様です。

ファクタリングの場合でも支払いサイトの長さによってファクタリング手数料の料金が変わってきます。ファクタリングの場合は、ファクタリング会社によって異なるでしょうが支払いまで60日以上ある売掛金はあまり買取りしたがらない傾向にあります。

 

手形割引には不渡りリスクが付随します。

手形割引による資金調達は「手形を担保に現金を貸す」ようなものですから、手形を振出した取引先企業が不渡りを起こした場合、その手形は金融機関に買戻し請求されてしまいます。

一方ファクタリングでは・・・

【 続きを読む → 手形割引とファクタリングの違いとは 】