銀行融資と比較して見るファクタリング

銀行融資と比較して見るファクタリング

 

◆ファクタリングという資金調達方法

ファクタリングは、最短で即日の資金繰りが可能となる資金調達方法の1つです。

銀行融資の場合は審査を通過するための必要書類の準備、そして銀行から受ける審査に時間を要します。そして大前提として、融資受けられるような財務状況でなければなりません。

赤字決算や税金の未納、リスケ中などである場合は銀行融資は難しいでしょう。

 

そこで、提案したい資金調達方法がファクタリングです。

ファクタリングは、企業が保有する売掛金の早期資金化による資金調達方法です。取引先企業に商品の納品・サービスの提供などが完了し、すでに請求済みである未払いのキャッシュをファクタリング会社が期日より早く入金します。いわば売掛金の前払いです。

 

◆ファクタリングの種類

ファクタリングにもいくつかの種類があります。

ここでは、3社間ファクタリングと2社間ファクタリングについて説明します。

 

【3社間ファクタリングとは】

3社間ファクタリングは、ファクタリング利用企業(債権者)・取引先企業(債務者)・ファクタリング会社の3社で契約してファクタリングを実行するものです。

 

f:id:fukumochifuku:20171205092212p:plain

 

ファクタリング利用企業(債権者)がファクタリング会社にファクタリング手数料を支払い、売掛金を早期資金化します。

そして本来の入金期日に取引先企業(債務者)からファクタリング会社に売掛金が支払われるという流れになります。

 

ファクタリング利用企業(債権者)は、取引先企業(債務者)にファクタリングするということを通知または承諾を得ることが必要になります。このときファクタリングに関する説明に同行するなど、ファクタリング会社によってはフォローしてくれるところもあります。

ファクタリングは即日資金調達が可能、と言いましたが、この3社間ファクタリングの場合、取引先企業(債務者)への通知または承諾を得る工程が必要なため、初回即日の実行は難しいと考えておいた方が良いでしょう。

 

次に説明する2社間ファクタリングとの大きな違いとしては、取引先企業(債務者)とファクタリング会社のやり取りが発生するという点です。

 

 

【2社間ファクタリングとは】

2社間ファクタリングは、ファクタリング利用企業(債権者)とファクタリング会社の2社で契約してファクタリングを実行するものです。取引先企業債務者)とファクタリング会社が直接やり取りをしたり、連絡をしたりするようなことはありません。

 

f:id:fukumochifuku:20171205093205p:plain

 

言い方を変えれば、取引先企業(債務者)に知られずにファクタリングが利用できるということになります。

 

ファクタリング利用企業(債権者)はファクタリング会社にファクタリング手数料を支払い、売掛金を早期資金化します。

そして本来の入金期日に取引先企業(債務者)からファクタリング利用企業(債権者)に売掛金が支払われます。そのあとファクタリング利用企業からファクタリング会社に売掛金の買取金額を支払うという流れになります。

 

この2社間ファクタリングの場合は、契約に同意が必要なのはファクタリング利用企業(債権者)とファクタリング会社のみであるため、契約に必要な書類の準備に要する時間などは必要になりますが、即日でのファクタリングも可能になります。

ファクタリングにも銀行融資同様、審査がありますが、銀行のそれとは異なります。

 

ファクタリングの最大のメリットは、銀行融資よりも早く資金調達が可能となる点とも言えますから、審査もより早くできるように独自に設定しているファクタリング会社が大半です。

デメリットを挙げるならば、銀行融資の金利と比較するとファクタリング手数料は割高になってしまうことや、企業が保有する売掛金以上の資金調達はできないといったことになります。

 

ファクタリング手数料が割高になってしまう理由なども含め、銀行融資との違いをさらに詳しく説明します。

▼▼▼

 ファクタリング情報サイト - ファクタリングとは 

f:id:fukumochifuku:20171205101933p:plain