専門性のあるファクタリング - 診療報酬債権ファクタリングについて

ファクタリングは、ファクタリング会社が中小企業が保有する売掛債権を買い取ることで、売掛金の早期資金化ができる金融サービスです。

 

ファクタリングは、銀行融資のように中小企業の信用力を重視するよりも、売掛金を支払う取引先企業の信用力によって判断されます。

つまり銀行融資を受けられない状況下の中小企業にとって有効的な資金調達方法なのです。

 

そのファクタリングができる売掛債権の種類の中に、病院・クリニック・介護・障がい者施設などで発生する診療報酬債権があります。

病院などで診察を受けた時、私たちは医療負担3割の費用を支払います。残りの7割は国保や社保を通して国によって支払われます。この費用を病院や介護・障がい者施設などは国保や社保に請求するわけです。それは診療報酬、介護給付費など請求対象によって異なります。ここではまとめて診療報酬債権と表現していきます。

 

病院や歯科医院、介護・障がい者施設、整骨院などでも診療報酬債権が発生します。その債権でもファクタリングは可能になるのです。

売掛先は国保や社保、つまり国ということになります。売掛先の信用力としては審査の必要がないほどでしょう。ファクタリングができる売掛債権の種類のうち、診療報酬債権はとても信用度の高い債権であり、ファクタリング手数料も他の債権ファクタリングよりも低く設定される傾向にあります。

 

歯科医院や車椅子などを扱う会社など、診療報酬・介護給付費などの債権を保有している会社であれば、銀行融資以外の資金調達方法としてファクタリングという選択肢を取ることが可能になります。

 

 

診療報酬債権ファクタリングについてさらに詳しく紹介しています。

【 専門性のあるファクタリング-診療報酬債権ファクタリング- 】