ファクタリングは銀行融資に代わる中小企業・零細企業向けの資金調達方法である

ファクタリングとは

 

ファクタリングという資金調達方法

ファクタリングは、中小・零細企業向けの資金調達方法の1つです。

売掛金保有している企業が活用でき、銀行融資以外の資金調達方法としても有効的です。

ファクタリングには、売掛金保有する企業・売掛金の支払いをする取引先企業・売掛金の買取(前払い)をするファクタリング会社の3社が登場します。

ここでの売掛金とは、中小・零細企業が取引先企業に対して、すでにサービスの提供・商品の納品などが完了し、すでに請求済みである未払いのキャッシュのことです。

 

 

ファクタリングの特徴 

ファクタリングを利用することで、取引先からの支払い期日よりも早く売掛金を資金化することが可能になります。ファクタリング会社は本来の入金期日に売掛金を回収します。

その場合、3社間ファクタリングでは取引先企業からファクタリング会社へ、2社間ファクタリングでは取引先企業からファクタリング利用企業に一旦入金され、それをファクタリング会社に支払うという流れになるのが一般的です。

 

 3社間ファクタリングか2社間ファクタリングは利用企業の状況によって選択できますが、ファクタリング会社によっては取り扱いしていない場合もあるため、確認が必要になります。

 

 

3社間ファクタリングと2社間ファクタリング

3社間ファクタリングの場合、取引先企業への通知や承諾が必要となり、取引先企業からファクタリング会社に売掛金の支払い先が変更となるため、資金化までに時間がかかることがあります。

しかし、取引先から直接ファクタリング会社に入金があるためファクタリング手数料は低く設定されます。

また中小・零細企業の多くは、取引先企業に資金繰りの悪化を知られたくないということで2社間ファクタリングを選択することが多いようです。

 

2社間ファクタリングの場合、

契約をするのはファクタリング利用企業とファクタリング会社の2社のみです。ファクタリング会社から取引先企業へ通知したり、勝手に連絡をするようなことはありません。また、入金の流れも一旦は通常通りにファクタリング利用企業に入金され、それをファクタリング企業からファクタリング会社に支払うようになります。
つまり、取引先企業にファクタリングを知られることはありません。


取引先企業に資金繰り悪化を知られたくない場合や、資金調達を即日~3日以内でしたい場合などは2社間ファクタリングを選択した方が良いということになります。

 

 デメリットを挙げるならば、一旦ファクタリング利用企業に売掛金の入金があることで、使い込みなどのリスクが発生するためファクタリング手数料は高く設定されてしまう傾向にあります。

 

 

ファクタリングを利用するための審査

3社間ファクタリングでも2社間ファクタリングであっても、銀行融資を受けられない企業にとっては有効的な資金調達方法になります。

ファクタリング会社は銀行や大手企業が展開しているところと、民間が展開しているところと、近年ではファクタリング会社は増加傾向にあり、利用企業もより多くのファクタリング会社から選択できるようになっています。

 

ファクタリングを利用する際には、審査を通らなければなりません。

ファクタリングにおける審査はファクタリング会社独自のものであることが大半です。銀行や大手企業が展開しているファクタリング事業であれば、民間のファクタリング会社の審査よりは厳しいものかもしれません。

 

銀行融資の審査では返済していく企業の信用力、経営状況が大きく影響しますが、ファクタリングにとって重要視されるのは売掛金の質になります。売掛金を支払うのはファクタリング利用企業ではなく、その取引先企業です。

そのため、ファクタリング利用企業が銀行融資を受けられないような経済状況などであったとしても、取引先企業の信用力があればファクタリングは利用できる可能性が高い、ということになります。

赤字決算や税金の滞納、リスケ中である場合などは銀行融資を受けることは厳しいかとおもいます。しかし、ファクタリングではその状況が不利になるとは限りません。

ファクタリング利用企業の信用力が全く必要ない、というわけでは決してありませんが、「銀行融資に頼れない」ということで資金繰りに行き詰まっている中小・零細企業にはファクタリングという資金調達方法も1つの選択肢としておすすめしたいと思います。