ファクタリングはスピード重視の資金調達方法でもある

ファクタリングは、銀行融資を受けられない状況下の企業であっても、質の良い売掛債権を利用して資金調達が可能になるスピード重視の資金調達方法です。

 

中小企業が資金調達をしたいとき、まず思い浮かぶのは銀行融資でしょう。

銀行融資を希望する場合、その審査を受けるためにも十分な準備と時間が必要になります。資金調達をしたい企業の信用力をたくさんの書類の中の数字でしっかりと判断するには時間がかかることも頷けます。

しかし経営する方からしてみると、結果がいつでるのか、融資は受けられるのか、いくらの融資が通るのか・・・、はっきりとしない状況で時間だけが過ぎて行ってしまうのはつらいものでしょう。資金が必要な日まで時間がない場合はなおさらです。

 

f:id:fukumochifuku:20171229145933j:plain

 

資金が必要な日まで時間がない、「明日までに〇〇万が必要だ」というような状況であっても資金調達が可能になるのがファクタリングです。

給与支払いや先出しの資材のための支払いなど、業種によっても異なる急な支出というものがあるでしょう。中には銀行融資を受けるために税金の未払いを解決したい、という企業もいるはずです。

 

 ファクタリングには銀行融資のような審査は必要ありません。

ファクタリングは企業が保有する売掛金の早期資金化サービスです。そのため着目されるのは、【売掛金の質】になります。

売掛金の質=売掛金を支払う取引先企業の信用力です。

中小企業が銀行融資を受けられない状況下であっても、優良な取引先企業の売掛金保有していればファクタリング取引は可能になります。銀行融資に頼らない資金調達ができるのです。

もっと言えば、ファクタリングは売掛債権の買取であり、融資ではないため、中小企業にとって負債とはなりません。バランスシートのスリム化を図ることもでき、そういった意味でも銀行融資を受けるためのつなぎとしてファクタリングは有効的な方法でもあります。

 

 

しかし、ファクタリングでの資金調達において注意が必要なのは、中小企業が保有する売掛金以上の資金調達はできないということです。

f:id:fukumochifuku:20171229150024j:plain

企業が事業資金や設備投資などで多額の資金が必要な場合など、金額にもよりますがファクタリングは向いていないと言えます。大口の資金が必要な場合には銀行融資に頼らざるを得ないでしょう。

その銀行融資を受けるためのつなぎ資金調達としての方がファクタリングの利用は適していると言われています。 

 

 

 資金調達方法の選択は、企業の状況に応じたものになります。

ここでは触れていませんが融資の金利とファクタリングの手数料を比較しても、銀行融資の方が中小企業にとってはるかに負担が少なくて済みます。 

しかし中小企業が抱える、売掛金の支払いサイトによる資金繰りの悪化黒字なのに支払いに使える資金がない取引先企業との共倒れのリスクなどをフォローできる資金調達方法の1つとして、ファクタリングも検討する価値は十分にあります。

 

本サイトでは、さらに詳しくファクタリングについて解説しています。 

【 ファクタリング情報サイト -ファクタリングとは- 】

f:id:fukumochifuku:20171205101933p:plain

 

ファクタリングはスピードを求める中小企業さまの資金繰りにもぴったりの資金調達方法です。