今後さらに発展するであろう金融サービス ファクタリング

ファクタリングは、下請企業が保有する売掛金の一部をファクタリング会社に譲渡して、本来の入金期日よりも早く資金化するという資金調達方法です。

 

中小企業、スモールビジネスの場合、銀行から融資を受けることすら大企業に比べ困難です。中小企業は売上があっても資金繰りに困って黒字倒産するかもしれないなどのリスクを抱えています。

そんなとき、取引先企業への請求書をもとに、中小企業が保有する売掛金を早期資金化できるのがファクタリングなのです。

もともと欧米では古くから利用されてきた資金繰り方法ですが、日本では手形取引が主流だったこともあり、今もなお認知度は低いかもしれません。しかし現在では米国でもさらに発展したファクタリングが展開されています。

 

書類審査も一切なしのファクタリング
オンライン会計ソフトウェアとの連携でペーパーレス&審査レス

forbesjapan.com

日本でも今後発展が期待される金融サービスなのです。

 

ファクタリングで調達した資金は、

下請企業が新しい仕事や大きな仕事を受注するための資金として、

銀行融資を受けるために税金未納を解決するための資金として、

様々な至急の支払いの資金として、

使用することができます。

 

 

また、銀行融資では融資を受ける下請企業の返済能力を見るなど自社の信用力が最も重要ですが、ファクタリングでは売掛金を支払う取引先企業の信用力がポイントとなります。

そのため、ファクタリングを利用する際にも審査がありますが、融資の際のそれとはまったくの別物になります。審査に必要な書類も異なれば、かかる時間も異なります。

ファクタリングの最大の魅力は資金調達までのその早さ、でもあります。

ファクタリング会社独自の審査により、数十分もあれば審査結果が出てファクタリング会社から契約内容の提案を受けることも可能です。2社間ファクタリングであれば、問い合わせから契約、ファクタリング実行までその日のうちに完了することもあります。

売掛金保有していないことにはファクタリングを利用することはできませんが、売掛金保有してさえいれば、銀行融資を受けられない厳しい状況下の下請企業であっても利用することが可能です。

 

「あと数日で」「明日までに」「今日中に」という、下請企業の至急の資金繰りにぴったりなファクタリング!

ファクタリングについてもっと詳しく解説しているページはこちらです。

 

 

 

speed-factoring.info