ファクタリングを導入する前に知っておきたいこと

ファクタリングを導入する前に知っておきたいこと

ファクタリングは、企業さまが保有する売掛金を期日よりも早く資金化することにより、資金繰りが可能となる中小企業、下請企業向けの金融サービスです。

 

ファクタリング会社が企業さまが保有する売掛金の質を審査で評価します。そしてファクタリング手数料を差し引いた金額でその売掛金を買い取りします。それが企業さまが手にすることができる資金調達金額となります。

 

たとえば、企業さまが今月末締め/来月末入金の1,000万円の売掛金保有しているとします。それをファクタリング会社に今月末契約、支払いサイトは30日で買取りを申し込みます。

企業さまや取引先企業の評価にもよりますが、

10%の手数料で譲渡する内容で契約するとすると、企業さまは30日後の来月末に入金予定だった売掛金を、今月末に900万手にすることができることになります。

このファクタリング手数料は審査での評価や支払いサイトによって変動します。2か月先の売掛金であれば手数料はさらに高くなる可能性があります。

 

ファクタリングは、銀行融資を利用できない企業さまにとってとても有効的な資金調達方法です。資金調達までにかかる時間も即日~3日ほどあれば十分でしょう。

しかし、その利便性の高さゆえに、それにかかってくるファクタリング手数料は割高となってしまいます。

売掛金売却損で利益が出ない経営にならないように上手く導入していかなければなりません。とにもかくにも、利用する前にはしっかりファクタリング会社に相談することをおすすめします。

 

どこのファクタリング会社に相談するか迷ったら▼

speed-factoring.info