売掛金高額買取サービス

売掛金高額買取サービス

 

ファクタリングは売掛金をファクタリング会社に譲渡し、その代金を受け取ることで売掛金を早期資金化する仕組みです。

ここでの譲渡ととは、「譲受人がその債権を買取り、その費用として譲渡人が代金を頂く」ということになります。

売掛金を譲渡して資金調達をする中小企業にとって重要となってくるのが、いくらで買取ってくれるのか>ということになるでしょう。

例えば1,000万円の売掛金保有しているとして、その売掛金を1,000万円で買い取ってもらえるかというと答えはNO!となります。ファクタリング会社も売掛金を前払いするだけでは利益が出せません。

ファクアリング、つまり売掛金買取サービスを利用する中小企業は、ファクタリング会社の利益も含むファクタリング手数料を支払うことになります。

一般的にファクタリング手数料の内訳はファクタリング会社の利益だけではないとされています。審査にかかる費用や契約書作成などファクタリングにかかる事務手数料、登記費用、印紙代、それにかかる人件費などがかかります。内訳はファクタリング会社によって異なる上、表現もまたファクタリング会社の自由となります。考えられるトラブルとしては、ファクタリング手数料は10%と言われていざ契約に来店して詳しい話を聞いたり契約書の内容をチェックしてみると、驚くことにファクタリング手数料10%+その他の事務手数料の費用が必要と言われるなどがあります。

その他の事務手数料は10万円前後かかったりします。この費用がファクタリング手数料の内訳に入っているかどうかの確認は必ず契約前にしておいた方が良い点となります。

 

保有した1,000万円のうち、ファクタリング手数料を差し引いた額が、ファクタリングで中小企業が資金調達できる金額となります。

例えば全ての費用を含めてファクタリング手数料10%がかかるという提示を受けたならば、およそ990万円が中小企業が受け取ることができるその売掛金の代金となります。

ファクタリング会社が高額買取、つまり低い手数料で買取をしてくれることもあります。ファクタリング手数料が全ての費用込みで5%の場合は、1か月後に1,000万円支払われる予定だった売掛金を、即日でおよそ952万円手にすることができます。

ファクタリング会社が高額買取、つまり低いファクタリング手数料で契約してくれるには取引先の信用力が高いということが大事になってきます。上場企業や県や市が売掛金の支払いをする債務者である場合などは低いファクタリング手数料で契約できる可能性が高まります。逆にネットで検索してもホームページなどもなくただ電話帳などでしかヒットしないような取引先の売掛金では高額買取というのは難しいかもしれません。

しかしそういったファクタリング手数料を決める審査というのもファクタリング会社独自で決めることができるため、融通が利きやすい点でもあります。

 

売掛先に自信がなくても資金繰りにお困りであればまずはご相談下さい。